OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2016/11/30(水)

Singer-Songwriter, Pops, Rock / Vocals, Guitar

ホセ・ゴンザレス

Jose Gonzalez

美しいサウンドと美声で、独特のメランコリーな世界観を表現するスウェーデンのシンガーソングライター、ホセ・ゴンザレスがビルボードライブ大阪に初登場!幼少期よりギターを手にし、ビートルズなどを聴き込む。ボサ・ノヴァやフラメンコまでジャンルに関わらず習得したギター・プレイによって頭角を現し、2003年に『ヴェニア』でデビューを果たす。最近では、自身がフロントマンを務めるバンド、Junipのアルバム制作や、日本でも大ヒットしたベン・スティラー監督&主演の映画『LIFE!』のサントラに参加するなど、多方面での活動も展開しているホセ。繊細なギター・プレイから生まれるグルーヴ感と温かく柔らかなボーカルがビルボードライブに響き渡る一夜。

Open / Start

11/30(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥7,500 (3)  / Casual Area : ¥6,500 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました  /  ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

Jose Gonzalez (Guitar, Vocals)
Jakob Albinsson (Guitar, Vocals)
Joel Wästberg (Drums)
James Mathe (Keyboards, Vocals)
Andres Renteria (Percussions)

Profile

【ホセ・ゴンザレス / Jose Gonzalez】

1978年、スウェーデンのイェーテボリ生まれ。両親はアルゼンチン人。2004年、デビュー・アルバム『ヴェニア』が北欧で大ヒットとなる。プレスやラジオ局からの大絶賛、素晴らしいライヴを重ねてベースが出来上がったところで、2005年にSONY BRAVIAのCMにデビュー・アルバム収録曲「Heartbeats」が起用され、彼の音楽はヨーロッパのみならず全世界に飛び火した。シンプルながら美しいサウンド、基本的にアコースティック・ギターとヴォーカルというスタイルながらグルーブ感のある演奏、そしてその低く豊かなヴォーカルに世界中が夢中になった。2007年3月に初の単独来日公演を実施し、同年サマーソニックでも出演を果たす。同年9月、2ndアルバム『イン・アワー・ネイチャー』をリリース。前作をよりスタイリッシュに発展させたアルバムとなり、またマッシヴ・アタックの「Teardrop」も収録し前作に続き世界的な成功を収めた。2013年、ベン・スティラー主演映画『LIFE!』(原題:The Secret Life Of Walter Mitty / 1947年公開の映画『虹を掴む男』のリメイク版)に主題歌「Step Out」を提供した。2014年、エイズで1992年に亡くなったアーサー・ラッセルのトリビュート・アルバム『Master Mix: Red Hot + Arthur Russell』に「This Is How We Walk On The Moon」を提供。2015年2月、8年振り3枚目のアルバム『ヴェスティジズ &クローズ』をリリース。また彼は、スウェーデンのバンド、ジュニップ(Juip)のメンバーでもある。

New Release

『ヴェスティジズ & クローズ』
Jose Gonzalez
『ヴェスティジズ & クローズ』
Imperial Recordings/TRAFFIC
商品番号:TRCP-181
発売日:2015/02/18

Link

オフィシャルサイト
ホセ・ゴンザレス

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します