OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2007/9/17(月) - 9/19(水)

メイシオ・パーカー
ピー・ウィー・エリス
フレッド・ウェズリー

Funk / Sax

メイシオ・パーカー with special guests ピー・ウィー・エリス&フレッド・ウェズリー

Maceo Parker
with special guests Pee Wee Ellis and Fred Wesley

ファンクの重鎮、ゲストも完璧!

ジェイムス・ブラウンの黄金期を支え、さらに現在はプリンスの片腕となって活躍、これまでにも数々の名演を生んできたファンクマスター“メイシオ・パーカー”。

今回は[ビルボードライブ]だけのスペシャル企画として、やはりジェイムス・ブラウンのバッキングに欠かせなかったピー・ウィー・エリスとフレッド・ウェズリーを引き連れて帰ってくる。この貴重なメンバーでのセッションは長年封印されていただけにファンク・ファンのみならず音楽ファン必見のステージ。ジェイムス・ブラウンを失った今だからこそ、まさに“本物のグルーヴ”に接する絶好のチャンス!

Open / Start

9/17(Mon)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

9/18(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

9/19(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥8,500 (3)  / Casual Area : ¥6,500 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました  /  ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

メシオ・パーカー/Maceo Parker (Alto Saxophone/Vocals)
フレッド・ウェズリー/Fred Wesley (Trombone)
ピィー・ウィー・エリス/Pee Wee Ellis (Tenor Saxophone)
マーサ・ハイ/Martha High (Vocals)
コーリー・パーカー/Corey Parker (Vocals)
ブルーノ・スペイト/Bruno Speight (Guitar)
ウィル・ブールウェア/Will Boulware (Keyboards)
ロドニー・”スキート”・カーティス/Rodney "Skeet" Curtis (Bass)
ジャマル・トーマス/Jamal Thomas (Drums)

*都合により出演者・公演内容の一部を変更する場合がございます。

Profile

【メイシオ・パーカー/Maceo Parker】
●1943年、ノース・カロライナ州生まれ。

●幼い頃のアイドルはレイ・チャールズ。彼のバンドのサックス・プレイヤーに強くひかれ、12歳の時にサックスを手にする。

●大学を中退後、64年に兄のメルヴィン・パーカー(ds)と共にジェームス・ブラウン(JB)のバンドJB'Sに加入。60年代のJBのヒット曲の多くでテナー・サックスのソロを担当していた。

●66年から2年間、兵役のため一線を退くが、除隊後再びJB'Sへ。JBの黄金時代を支える。

●70年代に入るとJB'Sを脱退。自己のバンド「メイシオ&オール・キングズ・メン」を結成。2枚のアルバムを残している。

●72年には再びJBのもとへ。バンドの中枢として活躍する。

●74年、JBの前面サポートにより初のソロ名義作「US」をリリース。

●70年代中期には、ブーツィ・コリンズらと共にジョージ・クリントン率いるP-ファンク・ファミリーに加入。また、パーラメント等のサポート・メンバーとしても活躍。

●90年、メイシオ名義としては第1作となるアルバム「ルーツ」をリリース。ビルボード・ジャズ・チャートで7週間連続でトップをキープした。

●91年11月、大阪ブルーノート初登場。12月には、前作「ルーツ」の続編となる「モ・ルーツ」をリリース。

●93年リリースの「サザン・エクスポート」では、ミーターズやリヴァー・ブラス・バンドが参加、ニューオーリンズの風がプラスされたサウンドとなった。

●98年、「ファンクオーヴァーロード」をリリース。オリジナルのほか、スライ&ザ・ファミリーストーンの「シング・ア・シンプル・ソング」などをカヴァー。

●2000年、「ダイアル・メイシオ」をリリース。プリンス、ジェイムス・テイラーなどブラック・ミュージック界から豪華なゲストが参加、20世紀最後にメイシオが放ったファンキー度200%のアルバムとなった。

●03年リリースのアルバム「メイド・バイ・メイシオ」では、プリンスがプロデュースを担当、話題を集める。

●最新作は今年3月にリリースした「スクールズ・イン」。コンセプトは「学校」。オリジナルに加えジャクソン5の「ABC」やサム・クックの「ホワット・ア・ワンダフル・ワールド」をカヴァー。メイシオ先生によるご機嫌なファンク講座が繰り広げられている。キャンディ・ダルファーがゲスト参加。

●ここ数年はプリンスのバンドへの参加で大忙しだっただけに、待ちに待った公演となる。

New Release

『スクールズ・イン』
メイシオ・パーカー
『スクールズ・イン』
(ビクターエンタテインメント)
発売中
『ルーツ・アンド・グルーヴス』
メイシオ・パーカー
『ルーツ・アンド・グルーヴス』
(ビクターエンタテインメント)
9/12発売予定

Link

オフィシャルサイト
メイシオ・パーカー

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
11th THANK YOU