TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram
  • tiktok

Live Scheduleライブスケジュール

2008/3/31(月) - 4/1(火)

カーラボノフ

AOR

カーラ・ボノフ with ケニー・エドワーズ

Karla Bonoff with Kenny Edwards

素朴で心地良い旋律の楽曲と、美しいナチュラル・ヴォイスを聞かせる女性シンガーソング・ライター、カーラ・ボノフの東京、大阪、福岡でのビルボードライブ公演が決定!

Open / Start

3/31(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

4/1(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

Price

Service Area : ¥8,500 (3)  / Casual Area : ¥6,500 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

カーラ・ボノフ/Karla Bonoff(Piano/Acoustic Guitar)
ケニー・エドワーズ/Kenny Edwards(Bass/Acoustic Guitar/Mandolin)
ニナ・ガーバー/Nina Gerber(Electric Guitar)

後援

  • J-WAVE

Profile

【カーラ・ボノフ/Karla Bonoff】
●1952年米国ロサンゼルス生まれ。音楽に早くから目覚め、幼い頃からピアノのレッスンを受ける。
●12歳の頃にはバイオリンやクラリネットにも興味を持ち始め次第にギターへも興味が移っていく。本格的にミュージシャンとしての活動を始めたのはカーラが16歳の頃、姉のリサと組んだデュオ・チームがキッカケでやがてロスの新人ミュージシャンの登竜門としても知られていた有名なクラブ『トルバトール』に出演するようになる。ここにはリンダ・ロンシュタットやジャクソン・ブラウン、ジェームス・テイラーも出入りしていた。そこで69年にケニー・エドワーズと出会う。
●のちにこの二人の出会いが伝説のフォーク・ロック・グループ『ブリンドル』の結成へと発展。このグループには二人の他にアンドリュー・ゴールドやウェンディ・ウォルドマンが在席していた。
●71年にシングルを発表しアルバムは録音したが未発表に終わる。その後ソロに転身。
●リンダ・ロンシュタットに曲を提供した「誰か私のそばに」と「またひとりぼっち」が見事チャートイン。一躍注目を集める。
●77年、『カーラ・ボノフ』で待望のソロ・デビューを果たし、4作目に当たる『ニュー・ワールド』からは「オール・マイ・ライフ」がCMソングに起用され日本での人気も確立。
●昨年は紙ジャケ再発も果たした。
●今回は、彼女が在籍していた伝説のフォーク・ロック・グループ、プリンドルのメンバーであり、セッション・プレイヤーとして名高いケニー・エドワーズも参加。美しい旋律の数々の名曲と繊細な歌声を響かせてくれる。

New Release

『Karla Bonoff』
Karla Bonoff
『Karla Bonoff』
(ソニー・ミュージック)
発売中

Link

オフィシャルサイト
カーラ・ボノフ

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFORMATION03-3405-1133
INFORMATION03-3405-1133
billboardを呼んできたサラリーマン
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木
Music Cross Aid