TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2008/7/11(金) - 7/12(土)

ジェイムス・コットン

Blues

ジェイムス・コットン・ブルースバンド

James Cotton Blues Band

ブルース・ハープの‘LIVING LEGEND’ジェイムス・コットン。マディ・ウォータースのバンドで活躍していた50,60年代から現在に至るまで、ハープ片手にブルース一筋。第39回グラミー賞では『Deep In The Blues』がベスト・トラディショナル・ブルース・アルバム(96)に輝き、35周年を記念に作られた『35Th Anniversary Jam』(02)がW.C.ハンディ・アワード(現ブルース・ミュージック・アワード) ベスト・トラディショナル・アルバムを受賞。シカゴ・ブルース界の重鎮が渋いヴォーカルとハープでファンク魂をみせつける。

Open / Start

7/11(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

7/12(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥8,400 (3)  / Casual Area : ¥6,400 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ジェームス・コットン/James Cotton(Harmonica)
ハリソン’スラム’アレン/Harrison 'Slam' Allen(Guitar & Vocals)
トム ・ホランド/Tom Holland(Guitar & Vocals)
ノエル・ニール/Noel Neal(Bass)
ケニー・ニール Jr./Kenny Neal Jr. (Drums)

Profile

【ジェイムス・コットン/James Cotton】
●1935年7月1日、ミシシッピ州のチュニカに8人兄弟の末っ子として生まれる。
●幼い頃から母親のハーモニカを聴いて育ったコットンは、クリスマスにプレゼントしてもらったハーモニカで、ラジオから流れてくる曲に合わせて演奏するようになる。
●9才の時に両親が亡くなってから、家を離れ、憧れのブルースハープ奏者“サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡ”を探すためアルカンサスヘ。サニー・ボーイはコットンを息子として育て、ブルースハープとブルースマンの生活の厳しさについて教える。(15才まで生活を共にした)
●その後4年間、ウエスト・メンフィスでハウリン・ウルフと一緒に演奏活動をする。
●54年、噂を聞いたマディ・ウォーターが、コットンのライブを観にやってくる。ちょうどブルースハープ奏者を探していた彼はコットンをスカウト。その後、マディ・バンドのレギュラー・メンバーになり、ソロとして独立するまで約10年間在籍した。
●ソロとして独立したコットンが、”ジェームス・コットン・バンド”としての初アルバムを録音したのは67年のこと。
●70年代に入るとファンクのリズムをブルースに取り入れ、ファンク・ブルースを確立する。
●74年、バンド名義でリリースしたアルバム「100%コットン」はブルース・ハープ/ファンク・ブルースの一大名盤とされ、のちのブルースの流れを作った重要作である。ライブ感溢れる彼のヴォーカルとハープを存分に楽しめる、グルーヴィーな1枚。昨年12月、再リリースされた。
●彼は、あのジャニス・ジョプリンのツアーにも参加した経験を持つ、貴重なミュージシャンのひとりでもある。
●96年、第39回グラミー賞で、アルバム「Deep In The Blues」がベスト・トラディショナル・ブルース・アルバムに輝いた。このアルバム、ファンク・ブルースで知られるコットンが、アンプラグドで録音したアルバムで、ベースにはオーネット・コールマンらとの活動で知られるチャーリー・ヘイデンが参加。コットンの渋いヴォーカルとハープが魅力の1枚である。
●その他、過去7回グラミー賞にノミネートされている。
●02年には、彼の活動35周年を記念に作られたアルバム「35th Anniversary Jam」をリリース。また「100%コットン」をはじめ、「High Energy」(アラン・トゥーサン参加。ニュ-オーリンズ録音。75年リリース)、「Live & On The Move」(76年リリースのライブ盤)など、過去の彼の作品が多く再リリースされ、再注目を集めている。
●04年「Baby,Don't You Tear My Clothers」(輸入盤)をリリース。

New Release

『Baby, Don't You Tear My Clothes』
James Cotton
『Baby, Don't You Tear My Clothes』
(Telarc)
発売中

Link

オフィシャルサイト
ジェイムス・コットン

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFORMATION03-3405-1133
INFORMATION03-3405-1133
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木