TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2008/11/15(土) - 11/16(日)

ケイコ・リー

Jazz / Vocals

ケイコ・リー NEW ALBUM「DELIGHT」発売記念ツアー

Keiko Lee

人気・実力ともにNo.1を誇るジャズ・シンガー。今年3月にリリースした『アナザー・サイド・オブ・ケイコ・リー』でも「美・サイレント」をはじめ、ユーミンのカバー、小沼ようすけとのデュオ、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のリミックスなどを持前のディープ・ヴォイスで聴かせてくれる。ポップテイストとジャズ・スピリットを見事に融合させたサウンドと自在な即興で、ニューヨークの情感をクラブ空間で再現してくれるに違いない。

Open / Start

11/15(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

11/16(Sun)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥7,900 (1)  / Casual Area : ¥5,900 (1) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ケイコ・リー/Keiko Lee(Vocals, Piano)
カール・カーター/Carl Carter(Bass)
ライオネル・コーデュー/Lionel Cordew(Drums)
野力 奏一 /Souichi Noriki(Piano, Keyboards)

後援

  • TOKYO FM

Profile

【ケイコ・リー/Keiko Lee】
●21才から独学でピアノを弾くようになり、ピアニストとして名古屋のクラブでジャズやシャンソンの伴奏を経験した後、徐々にシンガーへと転向。94年以降、東京にも進出。
●95年、ケニー・バロン(p)のサポートを受けアルバム『イマジン』でデビュー。
●その後、毎年1作のペースで『キッキン・イット』(96年)、『ビューティフル・ラヴ』(97年)、『イフ・イッツ・ラヴ』(98年)を発表。共演ミュージシャンはリー・コニッツ(sax)、アート・ファーマー(tp)、ロン・カーター(b)など多数。存在感のあるヴォーカル・スタイルとディープなヴォイスが評判を呼び、共演したミュージシャンから「楽器と対等に渡り合える歌手」と注目を集め、「低音で深く胸に染み渡る歌声は、一度聴けば忘れることはない。」などと各紙で絶賛される。その即興性と瞬発力にすぐれたパフォーマンスの評価は高い。
●01年、日産ステージアのCMソング「ウィ・ウィル・ロック・ユー」の大ヒットにより、さらに幅広いファンを獲得。翌年2月に発表した初のベスト・アルバム『ヴォイセズ』は20万枚の大ヒット作となった。
●03年5月、スイングジャーナル誌主催「日本ジャズメン読者人気投票」では女性ヴォーカル部門の第1位に加え、総合部門の頂点でもある「ジャズマン・オブ・ザ・イヤー」「アルバム・オブ・ザ・イヤー」の三冠を獲得。05年5月には、同人気投票女性ヴォーカル部門で堂々9年連続の第1位に輝く。香港・台湾・韓国ほかアジアでも人気を博し、セールスも好調。人気・実力ともNo.1ジャズ・ヴォーカリストとして国内外で人気を確立している。
●02年『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ』をリリース、名曲ばかりをケイコ・リー・スタイルでしなやかに歌い上げた全曲オリジナルでメロディ・メイカーとしての才能を存分に発揮した『Vitamin K』(03年)、ハンク・ジョーンズ(p)との共演ミニ・アルバム『バット・ビューティフル』など、旺盛な創作意欲を見せ続けている。04年10月には、ジャズの帝王マイルス・デイヴィスのレパートリーを集めたアルバム『フーズ・スクリーミン』をリリース。
●05年7月NTT西日本CMソング「スタンド・バイ・ミー」が話題を呼び、シングルとしてリリースされた。06年5月にミニアルバム『誰よりも』をリリース。同年8月にハンク・ジョーンズとのライブ盤『ライブ・アット・ベイシー~ウィズ・ハンク・ジョーンズ』をリリース。
●07年10月24日デヴィッド・サンボーン、ランディ・ブレッカーなど豪華ゲストを迎え彼女自身の青春を彩ったヒットソングをカヴァーしたヒットソング集『イン・エッセンス』をリリース予定。

New Release

『デライト』
ケイコ・リー
『デライト』
ソニー・ミュージックエンタテインメント
2008/10/22発売

Link

オフィシャルサイト
ケイコ・リー

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木