OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram
  • tiktok

Live Scheduleライブスケジュール

2009/1/17(土) - 1/19(月)

TAKE 6

Chorus Group

テイク6

TAKE 6

アカペラ・コーラス・グループの最高峰、テイク6。88年のデビュー・アルバム『テイク6』がアメリカでプラチナ・ディスクに輝き、グラミー賞を受賞。続くセカンド・アルバム『ソー・マッチ・2・セイ』(1990年)はデビュー作を凌ぐ大ヒットを記録し、シーンに確固たる地位を築いた。完璧なヴォーカル・テクニックと美しく重厚なハーモニーは、過去グラミー賞8個獲得という快挙をもたらし、多くの観客を魅了する。ジョージ・ベンソン、アル・ジャロウ、アーロン・ネヴィル、故エラ・フィッツジェラルドの豪華ゲストが参加したスタンダード・アルバム『ザ・スタンダード』をリリース(9/24)した彼らが、ビルボードライブに登場!R&Bとジャズの枠を越えた究極のコーラス・ワークを堪能したい。

Open / Start

1/17(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

1/18(Sun)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

1/19(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥12,600 (5)  / Casual Area : ¥11,000 (4) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

アルヴィン・チアー/Alvin Chea(Vocal/Bass)
デイヴィッド・トーマス/David Thomas(Vocal/Tenor)
マーク・キブル/Mark Kibble(Vocal/Tenor)
ジョーイ・キブル/Joey Kibble (Vocal/Tenor)
クロード・マックナイト/Claude McKnight(Vocal/Tenor)
クリスチャン・デントリー/Christian Dentley(Vocal/Baritone)

後援

  • FM802

Profile

【テイク6/TAKE 6】
●1980年~84年頃。アラバマ州北部のハンツビルにあるオークウッド・クリスチャン・カレッジで、クロード・マックナイトを中心に結成。当時のグループ名は「アライアンス」で、4人編成だった。
●86年、数回のメンバーチェンジを繰り返し、6人組になる。●87年、「TAKE6」と改名。
●88年、デビューアルバム『TAKE6』リリース。ゴスペルにジャズのフレーヴァーを取り入れた、これまでに無かったスタイルと抜群のコーラス・ワークが大絶賛を浴び、アメリカでプラチナム・ディスクを獲得。
●89年のグラミー賞でベスト・ソウル・ゴスペル・パフォーマンスと、ベスト・ジャズ・ヴォーカル・パフォーマンスを獲得。(これまでに計7回、グラミー賞を受賞している。)
●同年11月、初来日公演を行う。初来日にもかかわらず、チケットが完売に。
●90年リリースの2ndアルバム『So Much To Say』がゴールド・ディスクを獲得。日本でも同アルバム収録の「I L-O-V-E U」が、メンバー自身が出演したCMソングとなり大ヒット。日本での人気を決定づけた。
●94年、スティービー・ワンダーやレイ・チャールズといった豪華ゲストが参加し、バンド・アンサンブルを大胆に取り入れた4thアルバム『Join The Band』をリリース。
●95年1月、4度目の日本公演のため来日。阪神大震災に見舞われるアクシデントにあったが、「僕等は歌うことで被災者を勇気づけたい」と大阪公演を含む全公演を行った。
●96年、5thアルバム『Brother』をリリース。
●98年、6thアルバム『So Cool』を発表。前作とはうって変わって原点に戻ったとも言える“ア・カペラ・アルバム”となった。
●99年、ベストアルバム『greatest hits』をリリース。
●2000年には初のライブアルバム『LIVE』をリリース。
●阪神淡路大震災の復興基金を設立するなど社会的活動にも力を注ぎ、それが縁で01年末にリリースされたJ-FRIENDSのシングル「ALWAYS」にもジョディ・ワトリーらと共にコーラスとして参加。
●02年にリリースされたアルバム『Beautiful World』は、マーカス・ミラーがプロデュースを手がけ、スティービー・ワンダーやスティングなどの時代を超えて愛され続ける名曲をTAKE6流にカヴァーした作品である。
●2005年にリリースしたアルバム『Feels Good』の日本盤には、車(スバル)のCFにも起用されたテレサ・テンの名曲「時の流れに身をまかせ」のカバー曲「Flowing With Time」を収録 。
●最新作は、レーベル“Heads Up”移籍第1弾『ザ・スタンダード』(2008.9.24リリース)。ジョージ・ベンソン、アーロン・ネヴィル、アル・ジャロウ、ティル・ブレナー等の豪華ゲストを迎えて贈るスタンダード集となっている。

New Release

『ザ・スタンダード』
TAKE 6
『ザ・スタンダード』
(ユニバーサルミュージック)
発売中

Link

オフィシャルサイト
テイク6

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFORMATION06-6342-7722
INFORMATION06-6342-7722
billboardを呼んできたサラリーマン
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
Music Cross Aid