TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2009/3/9(月) - 3/10(火)

J.T. Taylor

R&B / Vocals

J.T.テイラー from クール&ザ・ギャング

J.T. Taylor from Kool & the Gang

70~80年代にソウルフル&ダンサブルなサウンドで人気を博したグループ、クール&ザ・ギャング。その第二期黄金期のフロント・マンとして1978年に加入し一躍ソウル・シーンのカリスマとなったJ.T.テイラーがついにビルボードライブに登場!1981年The Billboard HOT 100 / 1位を記録した軽快ディスコ・ナンバー「セレブレーション」をはじめ、「ゲット・ダウン・オン・イット」、「ジョアンナ」、「チェリッシュ」と次々と大ヒットを放つ。甘いルックスと、セクシーな歌声で「レディース・キラー」の名を欲しいままにするJ.T.テイラーが贈るヒット曲満載のステージ!

Open / Start

3/9(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

3/10(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

Price

Service Area : ¥9,500 (3)  / Casual Area : ¥7,500 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

JT・テイラー/J.T. Taylor(Vocals)
デイブ・ジョーンズ/Dave Jones(Bass/ MD)
ジャレッド・ジェイコブス/Jared Jacobs(Keyboards)
アーロン・スウィナートン/Aaron Swinnerton(Keyboards)
オズワルド・ジョージ/Oswald George(Guitar)
カミール・ゲイナー/Camile Gainer(Drums)
ラキーシャ・ベンジャミン/Lakecia Benjamin(Horn)
マーク・ウィリアムズ/Mark Williams(Horn)
ジョナサン・パウエル/Jonathan Powell(Horn)
テス・サントス/Tess Santos(Background Vocals)
ザナ・サンダーズ/Zhana Saunders(Background Vocals)
カレン・アッシュ/Karen Ashe(Background Vocals)

Profile

【J.T.テイラー/J.T. Taylor】
●1953年8月16日サウス・キャロライナ州生まれ。
●ニュージャーシーに移り、13歳の頃にはバンドで活躍するようになる。ゴスペルをルーツとし、さらにジェームス・ブラウンやジャズ・アーティストのマイルス・デイビスやチャーリー・パーカーからも影響を受ける。
●78年にクール&ザ・ギャングのオーディションを受け、加入。そして翌79年に発売されたアルバム『レディース・ナイト』がプラチナ・ディスクを獲得し、シングル「レディース・ナイト」が8位、「トゥ・ホット」が5位に入るという大ヒットとなった。これでJT・テイラーはグループの顔として一躍世に踊り出た。
●それ以降のグループの活躍は目覚しいもので、『セレブレイト』(セレブレイション 1位/80年)『サムシング・スペシャル』(ゲット・ダウン・オン・イット 10位/81年)『アズ・ワン』(82年)『イン・ザ・ハート』(ジョアンナ 2位、トゥナイト 13位/83年)『エマージェンシー』(チェリッシュ 2位、フレッシュ 9位/84年)『フォーエヴァー』(ヴィクトリー、ストーン・ラブ 10位/86年)と数々の大ヒットを飛ばし、いずれのアルバムもゴールド・ディスクもしくはプラチナ・ディスクに輝く。
●JTは88年にグループを脱退。ソロとしての道を歩み始め、MCAと契約。89年に初めてのソロ・アルバム『マスター・オブ・ザ・ゲーム』を発表。ここから「シスター・ローザ」、「8デイズ・ア・ウィーク」などがヒット。
●90年6月ソロで来日。91年第2弾ソロ・アルバム『フィール・ザ・ニード』を発表。ここからは「ロング・ホット・サマー」ステファニー・ミルズとのデュエット曲「ハート・トゥ・ハート」がヒットした。
●92年7月、日本コロムビアからリリースした『キャナリー・アイランズ』では日本ポップス界を代表するシンガー・ソング・ライター、大瀧詠一のヒット曲の数々をJTのセクシーなヴォーカルでカヴァーし話題を呼んだ。
●93年12月『ベイビー・アイム・バック』を発表。
●96年、97年は期間限定リユニオンとしてJTテイラーが戻り、クール&ザ・ギャング全盛期を彷彿とさせる程盛り上がり、素晴らしい歌声を聴かせてくれた。
●最新のソロアルバムは00年6月リリースの『ア・ブランニュー・ミー』。昔ながらのスウィート・ヴォイスは健在。
●今回のステージはクール&ザ・ギャングのヒット曲を中心に展開と、タイムスリップできる2日間。

New Release

『20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Kool & The Gang』
Kool & The Gang
『20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Kool & The Gang』
発売中

Link

オフィシャルサイト
J.T.テイラー

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木