OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2009/4/17(金)

SHEENA&THE ROKKETS
永井“ホトケ”隆

Rock

SHEENA&THE ROKKETS with special guest 永井“ホトケ”隆

SHEENA&THE ROKKETS
with special guest Takashi 'HOTOKE' Nagai

昨年、結成30周年を迎えたシーナ&ロケッツの初のビルボードライブ大阪公演が決定!近年も精力的にライブを繰り返し、圧倒的な存在感と容赦なく尖りきったギター・サウンドで、バンドの活動歴より若いファンたちからもカリスマ的な熱狂を獲得してきた彼ら。昨年4月にリリースした8年ぶりとなるアルバム『JAPANIK』でも、そのアグレッシヴな姿勢に揺らぎはなく、新旧のファンを完全に打ちのめした。今回はゲストに永井“ホトケ”隆を迎え、ROCK&BLUESな一夜を演出。コレは見逃せない。

Open / Start

4/17(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥7,400 (3)  / Casual Area : ¥5,900 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Notice

SHEENA&THE ROKKETS、永井“ホトケ”隆さんからメッセージが届きました!

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました  /  ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

鮎川 誠/Makoto Ayukawa(Guitar/Vocal)
シーナ/Sheena(Vocal/Tambourine)
川嶋 一秀/Kazuhide Kawashima(Drums)
浅田 孟/Hajimi Asada(Bass)
渡辺 信之/Nobuyuki Watanabe(Guitar/Chorus)
永井“ホトケ”隆/Takashi 'HOTOKE' Nagai(Vocal/Guitar)

Profile

【シーナ&ロケッツ/SHEENA&THE ROKKETS】
●1978年10月25日、エルボン・レコードより「涙のハイウェイ」でレコード・デビュー。レコーディング・メンバーはシーナ(歌)、鮎川誠(ギター)、奈良敏博(ベース・元サンハウス)、新井田耕三(ドラムス・後RCサクセション)。●11月、エルビス・コステロの前座の話がきまり、川嶋一秀(ドラムス)を正式メンバーに迎え、23日の大阪を皮切りに、福岡、東京の全6ステージでステージ・デビュー。ツアー終了後、このメンバーで「#1」のレコーディング。●12月、鮎川がアルファ・レコードの細野晴臣と出会い、YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のゲスト・ギタリストとして、ピット・インでライブ。●1979年1月、浅田 孟(ベース)が正式に加入、初代ロケッツのライン・アップで活動開始。2月、エルボンより、ファースト・アルバム『シーナ&ロケッツ#1』発表後、アルファへ移籍。すぐにレコーディングに突入し、秋に細野&YMOのプロデュースによる「真空パック」を発表。シングル・カットした「ユー・メイ・ドリーム」がヒット。●1980年2月、アメリカの大手レコード会社A&Mレコードのオファーにより渡米。アメリカ向けのレコーディング打ち合わせと制作がスタート。(1981年9月「SHEENA & THE ROKKETS」リリース)●81年、フィル・スペクター・ファミリーのサックス奏者、スティーブ・ダグラスをゲストに迎え、ミッキー・カーティスのプロデュースでアルバム『ピンナップ・ベイビー・ブルース』発表。●84年にはロケッツで「ロケット・サイズ」、そしてシーナ&ロケッツのビクター移籍第一弾、「ニュー・ヒッピーズ」。85年「メイン・ソングズ」を発表。●86年、山口冨士夫をゲストに迎え「ギャザード」。そして、初のライブ2枚組「キャプテン・ギター・アンド・ベイビー・ロック」をリリースする。87年、9枚目のアルバム『#9』発表後、浅田孟 脱退。●1988年、新メンバーに再び奈良敏博を迎え、10周年、10枚目のアルバムはニューヨーク・レコーディングによる『ハッピー・ハウス』。友人のロック・フォトグラファー、ボブ・グルーエンのコーディネートにより、クリス・スペディング、アップ・タウン・ホーンズ、エリオット・マーフィーをゲストに迎える。また、この時初めて、ロックのメッカ、CBGBに出演する。ヨーコ・オノ、イギー・ポップが檄に駆けつけてくれた。●89年、「ドリーム&リボルト」発表後、川嶋と奈良がバンド退団。パンタのバンド・メンバーだった西山嘉治(ドラムス)、中谷広道(ベース)そしてロケッツのローディを担当していた渡邊信之(サイド・ギター)が加入した。このメンバーでCMとして話題にのぼった「職業選択の自由」を含むミニ・アルバム『ファミリー・ダンシング』を発表。東京ドームでの、ジョン・レノン生誕50年のコンサート「GOW(グリーニング・オブ・ザ・ワールド)」に参加。●92年、ピンク・クラウドのジョニー吉長(ドラムス)、元竜童組のロミー木ノ下(ベース)をサポート・メンバーに迎え アルバム『ハッ!ハッ!ハッ!ハード・ドラッグ』を発表。●93年、シーナ&ロケッツのベスト盤『レモン・ティー、レモン・セックス、レモン・ロック』がフランス、スカイドッグ・レーベルより発売。 鮎川はロンドンにて、シーナ、ウイルコ・ジョンソン・バンドを迎えソロ・アルバム『ロンドン・セッション#1』『#2』を製作、発表。●93年秋、シーナ&ロケッツで再びロンドン・レコーディング。阿久悠の全作詞による「ロック・オン・ベイビー」、新メンバーは橋本潤(ベース)、東川元則(ドラムス)。12月、ニューヨーク・CBGBの20周年ライブに参加の要請をうけ、二度目の出演。●94年秋、ベスト盤『ロックンロール・ハート』と、CBGBライブなどの未発表曲を含む「ロックンロール・ハート2」を同時発売。●96年12月、鮎川著 単行本『Dos/Vブルース』発売。●元ロッカーズの穴井仁吉(ベース)加入。97年、17年ぶりに細野晴臣プロデュースによるレコーディング開始。8月、新アルバム『@HEART』発売前日、原宿より全世界にむけたインターネット・ライブを発信。秋、新メンバーに金崎信敏(ドラムス)が加入。●1998年、シーナ&ロケッツ 結成20周年を迎える。第2回フジ・ロック・フェスに参加。●1999年5月、ウィルコ・ジョンソン・バンドとジャパン・ツアー"Going Back Home 1999" 。●2000年2月、オリジナル・ドラマーの川嶋一秀を迎え、15枚目のスタジオ・アルバム「ロック・ザ・ロック」(2000/8)を発表。●2001年にはライブアルバム「爆音ミックス」(2001/1)をリリース。●2008年、結成30周年を迎え、8年ぶりのオリジナルアルバム『ジャパニック』をリリース。

【永井“ホトケ”隆/Takashi Nagai】

New Release

『Japanik』
SHEENA&THE ROKKETS
『Japanik』
(ビクターエンタテインメント)
発売中
『フールズ・パラダイス』
永井“ホトケ”隆
『フールズ・パラダイス』
(ZAIN)
発売中

Link

オフィシャルサイト
シーナ&ロケッツ

オフィシャルサイト
永井“ホトケ”隆

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
11th THANK YOU