OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2009/3/24(火)

Stephen Bishop

AOR

スティーヴン・ビショップ

Stephen Bishop

1976年のデビュー作『ケアレス』から「オン&オン」がヒット。甘く切ないメロディ、ユーモアとウィットに富んだ歌詞、洗練されたサウンドで“ミスター・ロマンティック”とも称されるスティーヴン・ビショップ。名盤『BISH(水色の手帳)』を発表しながら、映画『アニマル・ハウス』の音楽を手がけるなど、シンガー、コンポーザーとして多彩な才能を発揮。メロウ&スムージーなサウンドを上質の空間で。

Open / Start

3/24(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥7,900 (3)  / Casual Area : ¥6,400 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

スティーブン・ビショップ/Stephen Bishop(Guitar/Vocals)
ジム・ウィルソン/Jim Wilson(Keyboard)

Profile

【スティーヴン・ビショップ/Stephen Bishop】
●1951年、カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。

●1976年に発表したデビュー・アルバム『ケアレス』には、アート・ガーファンクル、ラリー・カールトン、チャカ・カーン、エリック・クラプトン、アンドリュー・ゴールド、リー・リトナーといった錚々たるミュージシャンが大挙し、メロウ&スムージーな名盤が作り出される。そのアルバムからシングル・カットされた「雨の日の恋」、「オン・アンド・オン」のヒットにより、彼の人気は決定づけられる。『ケアレス』は2年にわたるロング・セラーとなり、78年度のグラミー賞で、最優秀新人賞、ベスト・ポップ・ヴォーカル・パフォーマンスの2部門にノミネート。

●78年、AOR史上もっともロマンティックなアルバム『水色の手帖』を発表。少し鼻にかかった甘くまろやかなヴォーカル、哀愁を帯びたメロディ、パッショネイティブなストリングス・アレンジの3要素が、AORの代表になりうる音世界を生み出す。

●79年「トッツィー」のサントラから「君に想いを」がヒット、85年には「ホワイト・ライヴス」に書き下ろした「セパレート・ナイツ」(マリリン・マーティンとフィル・コリンズによるデュエット・ナンバー)が全米No.1を獲得。この成功をきっかけに、彼はコンポーザーとしても高い評価を得る。

●『ロマンス・イン・リオ』はブラジル音楽ファンであったビッシュ念願の企画。プロデュースはボサ・ノヴァ界を代表するギタリストで、アメリカでブラジリアン・ミュージックが普及するのに大きく貢献したひとりでもあるオスカル・カストロ=ネヴィス。『ケアレス』から4曲、『BISH』から1曲、フィル・コリンズ&マリリン・マーティンに提供した「セパレート・ライヴズ」(’85)など代表曲をアレンジ。書き下ろしも4曲用意し、ビッシュ・ファンの間では、ビッシュの書いた最高の曲との呼び声高くも、自身がレコーディング/アルバム収録したことのなかった「アンダー・ザ・ジャマイカン・ムーン」を当アルバムで遂に初披露。エリック・クラプトン、ケニー・ランキン、アール・クルーなど、豪華メンバーが参加している。

New Release

『Romance in Rio』
Stephen Bishop
『Romance in Rio』
(P-VINE)
発売中

Link

オフィシャルサイト
スティーヴン・ビショップ

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
安全地帯IN甲子園球場 さよならゲーム
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します