TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram
  • tiktok

Live Scheduleライブスケジュール

2009/11/20(金)

ザ・グラノーラ・ボーイズ

Special Unit

ザ・グラノーラ・ボーイズ

the granola boys

Billboard Live TOKYO
11/20(Fri)1st Show

新日本紀行
アデーレの子守唄
コンドルは飛んでいく
Chorado
波止場侍
Wild pailon
ふたりのシーズン
我が良き友よ
Which tai to
トドラーのワルツ
行く年来る年

-encore-
ドデスカデン



ザ・グラノーラ・ボーイズ、初のワンマンライヴ決定!
キリンジの堀込高樹の呼びかけに、リトルテンポなどで活躍するベダルスチール/スティールパン奏者の田村玄一、様々なライブ/レコーディングで活躍するベーシストの千ヶ崎学、ロンサムストリングス等で活躍するギタリストの桜井芳樹、元シンバルスのドラマー/プロデューサーの矢野博康という5人のスーパーグループ。ラテン、カントリー、オールドロックなど、ルーツミュージックのフレーバーやエッセンスを、オルタナティヴな解釈で表現する。先頃行われた「WORLD HAPPINESS 2009」で初お披露目したが、単独ライヴは今回が初めて。しかも、メンバーの意向により、ポータブルICレコーダーを持参すれば、ライヴ録音も可能という驚きの企画。いまだベールに包まれた謎のグループが、ついに全貌を見せる!!

※録音機材は、ポータブルICレコーダー等小型の録音機器に限ります。 他のお客様の邪魔になるような大型のマイクや機材はご遠慮ください。 ビルボードライブでの録音可能な公演は、本公演のみに限ります。録音した音源は私的利用のみでの許諾であり、無断での商用利用を固く禁じます。

Open / Start

11/20(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

Price

Service Area : ¥6,800 (2)  / Casual Area : ¥4,800 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

堀込 高樹 / Takaki Horigome(vocals, guitar)
田村 玄一 / Genichi Tamura(steel pan, pedal steel)
千ヶ崎 学 / Manabu Chigasaki(bass)
桜井 芳樹 / Yoshiki Sakurai(guitar)
矢野 博康 / Hiroyasu Yano(drums)

Profile

【ザ・グラノーラ・ボーイズ/the granola boys】
■2009年某日、キリンジの「堀込高樹」の呼びかけにリトルテンポなどで活躍するベダルスチール/スティールパン奏者「田村玄一」と様々なライブ/レコーディングで活躍するベーシスト「千ヶ崎学」、ロンサムストリングス等で活躍するギタリスト「桜井芳樹」、元シンバルスのドラマー/プロデューサー「矢野博康」が共鳴し結成。
■同年、8月には野外フェス「WORLD HAPPINESS 2009」に出演しマイケルジャクソン〜武満徹作品までと実に幅の広い選曲を披露、観客を魅了した。
■堀込高樹曰く「ラテンやカントリーや映画音楽など、様々な音楽のエッセンスをこのメンツだからこそできる独自の解釈で表現してみよう」と思い結成したとのこと。
■一筋縄ではいかないこのメンツ、今後、果たしてどんな作品やライブを届けてくれるのだろうか?とにもかくにも目が離せない。

インフォメーション www.naturalize.jp

Link

オフィシャルサイト
ザ・グラノーラ・ボーイズ

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFORMATION03-3405-1133
INFORMATION03-3405-1133
billboardを呼んできたサラリーマン
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木
Music Cross Aid