TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram
  • tiktok

Live Scheduleライブスケジュール

2010/4/5(月) - 4/7(水)

ブライアン・マックナイト

R&B / Vocals

ブライアン・マックナイト

Brian McKnight

Billboard Live OSAKA
2010.4.3

Used to Be My Girl
Luther
Shoulda, Woulda, Coulda
Love Of My Life
The Only One For Me
Jonnie
Another You
Find Myself In You
Anytime
Why Can't She Be More Like You
L.O.V.E
Back At One
One Last Cry
-Encore-
I Miss You


進化するオトナのR&Bシンガー、ブライアンマックナイトが、ファンの希望に応えてビルボードライブに帰ってくる!過去11作で全世界2千万枚以上のセールスを記録し、マライア・キャリー、メアリー・J・ブライジなどとの共演等を通じて日本でも大人気のR&Bシンガー、ブライアン・マックナイト。1992年にアルバム『ブライアン・マックナイト』でデビュー。 ボーイズⅡメンやテイク6などのプロデュース、サントラへの楽曲提供などの活動を経ながら自身もシンガーとして活躍し、1997年発表の3rdアルバム『エニィタイム』は全米でダブル・プラチナム・アルバムを獲得。モータウン移籍第一弾アルバム『バック・アット・ワン』(1999年)から同タイトル曲がBillboard Hot 100 /2位をマークし、300万枚以上のセールスを記録という快挙をもたらした。ライブのクオリティの高さは2008年3月のステージでも証明済み。今回はキャリア22年、通算12作目のアルバム『エヴォリューション・オブ・ア・マン』(11/25リリース)を携えて、前回とは違うスタイルのショーを予定。本国でもなかなか見られない即日完売必至のプレミアム・クラブ・ギグは見逃せない!

Open / Start

4/5(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

4/6(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

4/7(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥16,000 (7)  / Casual Area : ¥14,000 (6) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ブライアン・マックナイト / Brian McKnight(Vocals)
BJ マックナイト / BJ McKnight(Vocals)
ニコ・マックナイト / Niko McKinght(Vocals)
クリストファー・ロフリン / Chris Loftlin(Bass/Music Director)
タイロン・チェイス / Tyrone Chase(Guitar)
マット・カスン / Matt Cusson(Keyboards)
プレスコット・エリソン / Prescott Ellison(Drums)

後援

  • J-WAVE

Profile

【ブライアン・マックナイト/Brian McKnight】
●1969年6月5日、ニューヨーク州バッファロー生まれ。5人兄弟の末っ子として音楽一家に育つ。兄のひとりであるクロード・マックナイトはTake6のメンバーでもある。●シンガー、ソングライター、プロデューサー、アレンジャー…、マルチな才能を持つブライアン・マックナイトは92年にアルバム『ブライアン・マックナイト』でデビュー。●95年の2ndアルバム『アイ・リメンバー・ユー』をリリース。●97年に、出世作となる3rdアルバム『エニィタイム』をリリース。シングル「エニィタイム」が大ヒットし、アルバムは瞬く間に200万枚を売上げた。2つのグラミー賞をもたらしたこの作品を最後にマーキュリーを離れモータウンへ移籍。●99年に移籍第一弾アルバム(4thアルバム)『バック・アット・ワン』をリリース。同タイトルの1stシングルはもちろん大ヒットし、グラミー賞にもノミネートされた本作も200万枚以上のセールスを記録、名実共にアメリカを代表するシンガーとなる。●01年、クリスマス・アルバム『Bethlehem』をリリース。●01年には6thアルバム『superhero』をリリース、同年のグラミー賞にノミネート。●02年には初日本公演、同年12月には再来日公演を行った。●02年に初のベストアルバム(7thアルバム)『 From There To Here 1989-2002 -greatest Hits Of 』をリリース。●03年に、8thアルバム 『U TURN』をリリース。●05年、9thアルバム『ジェミナイ』をリリース。●07年、べスト盤も含めると10thアルバムとなる『テン(10)』をリリース。●最新作は、今年10月にリリースした『I'll Be Home For Christmas』。Silver BellsやIt's The Most Wonderful Time Of The Yearなど誰でもご存知のクリスマス・クラシックスのみならず、彼オリジナルのクリスマス・ソング3曲も収録!Vince Gill, Josh Groban, Take 6, そして「ラテン界のケミストリー」ことSin BanderaのNoel Schjrisなど豪華ゲストも参加。「Let It Snow」では息子2人をフィーチャー。●最新作は、ビクターエンタテインメントに移籍第一弾で、2009年11月25日にリリースしたアルバム『エヴォリューション・オブ・ア・マン』。

New Release

『エヴォリューション・オブ・ア・マン』
ブライアン・マックナイト
『エヴォリューション・オブ・ア・マン』
ビクターエンタテインメント
2009.11.25 Release

Link

オフィシャルサイト
ブライアン・マックナイト

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFORMATION03-3405-1133
INFORMATION03-3405-1133
billboardを呼んできたサラリーマン
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木
Music Cross Aid