TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram
  • tiktok

Live Scheduleライブスケジュール

2010/6/4(金) - 6/5(土)

Sugarfoot’s オハイオ・プレイヤーズ

Funk

Sugarfoot’s オハイオ・プレイヤーズ

Sugarfoot's Ohio Players

Billboard Live TOKYO
2010.6.4 1st set

Contradiction
Sweet
Who'd she coo
Skin Tight
Let's Love
Fopp
Heaven
Funky Worm
Free
Roller
Bass Interlude
Fire


70年代を「スキン・タイト」「ファイアー」「ラヴ・ローラーコースター」など、珠玉のファンクナンバーでフロアを席巻したオハイオ・プレイヤーズ。その熱くメロウネスに溢れたナンバーを1963年にギター&ヴォーカルとして参加、まさに黄金時代を築き上げたリロイ“シュガーフット”ボナーが蘇らせる!オハイオ・プレイヤーズの歴史は古く1959年にまで遡る。不遇な時代を過ごしながらも、70年代に入って「ファイアー」がBillboard HOT 100とR&Bチャートで1位を獲得するなど人気を獲得。特にはメロウなメロディーラインを備えたナンバーは彼らならではの世界。アルバム・ジャケットのセクシーなヴィジュアル・コンセプトも強烈な印象を与え、ファンク・サウンドのアイコンとなった。衰えを知らないシュガーフット率いるオハイオ・プレイヤーズのグルーヴがフロアを揺らす。

Open / Start

6/4(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

6/5(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥8,500 (3)  / Casual Area : ¥6,500 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

シュガーフット / Sugarfoot(Vocals)
トラエ・ピアース / Trae Pierce(Bass)
カルバン・ロートマン / Calvin Loatman(Guitar)
アール・フレミング / Earl Fleming(Keyboards)
エマニュエル・クック / Emmanuel Cook(Keyboards)
ダーウィン・ダニエルズ / Derwin Daniels(Saxophone)
アーマッド・ラズベリー / Ahmad Rasberry(Trumpet)
マーカス・ルイス / Marcus Lewis(Trombone)
コートニー・ガーリー / Courtney Girlie(Drums)

Profile

【オハイオ・プレイヤーズ / Ohio Players】
●1960年頃、ジ・オハイオ・アンタッチャブルとして結成されたのが始まり。初期のメンバーは、ヴォーカル兼ギタリストのロバート・ウォードとベーシストのレヴァー・フレドリック、ドラムスのコーネリアス・ジョンソン。そこにトランペットのラルフ”ピーウィー”ミドルブルックとサックスのクラレンス”サッチ”サッチェルが加わって、そのキャリアがスタートしたが、当初はまったくヒットが出ず、彼らがバックをつとめたウィルソン・ピケットが在籍していたヴォーカル・グループ、ファルコンズの「I Found a Love」のヒットぐらいしか結果を残せず、ロバートはソロ活動をするためにバンドを去る。●代わって彼の弟分的存在だったリーロイ”シュガーフット”ボナーがバンドに参加。しかし、当初彼はギターのみの担当ということでヴォーカルは別のメンバーが担当。●1967年、アンタッチャブルズは“オハイオ・プレイヤーズ”に改名して再スタートを切り、新ヴォーカリストとしてジョー・ハリス、ドラムスにはグレッグ・ウェブスターが参加しました。1968年、新メンバーによるオハイオ・プレイヤーズとしてのデビュー曲「トレスパッシン」は小ヒット。●1971年、シングル「ペイン」が出て、ウエストバウンド・レコードがディストリビューションを請け負い、R&Bチャート35位にランクされた。ウエストバウンド・レコードからアルバム『ペイン』『プレイヤー』『エクスタシー』『クライマックス』が出る。『ペイン』では、シュガーの歌うブルースがあるがジュニー色が強くなる。その間、1973年のジュニーがヴォーカルとシンセサイザーを担当した「ファンキー・ウォーム」がR&Bチャートで1位となる。●1974年に、マーキュリーと契約。新しいメンバーとなり、2年の間、次々とトップ10シングルでR&Bチャートを圧巻する。又、アルバム『スキン・タイト』『ファイアー』『ハニー』『コントラディクション』『ゴールド』はゴールド・ディスクとなり、シュガーのヴォーカルも多くのアーティストに影響を与える。しかし、1977年以降R&Bチャートのトップ10内に登場することはなく、1978年にアリスタから出たアルバムリリース後、分裂する。リチャード“ディンプルズ”をプロデューサーに起用した1981年の『アウチ!』からは、R&Bチャートのトップ40ヒットが2曲でている。●1985年、法的な問題からオハイオ・プレイヤーズの名前は使用できず、シュガー・フット名で出すこととなる、ザップのロジャー・トラウトマンをプロデューサーに起用したアルバム『シュガー・キッス』は面白いわりにあまりヒットしなかった。●1988年には、オハイオ・プレイヤーズの名義で、トラック・レーベルからアルバム『バック』をリリース。マーキュリー時代が黄金期と言える。その後のアルバムはヒットを出すに至っていないが、今もライヴは、見応えがある。

New Release

『Funk On Fire』
Ohio Players
『Funk On Fire』
ユニバーサル
2002/06/18
Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFORMATION03-3405-1133
INFORMATION03-3405-1133
billboardを呼んできたサラリーマン
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木
Music Cross Aid