TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2010/7/14(水) - 7/17(土)

TLC

Premium Stage

TLC

TLC

Billboard Live TOKYO
2010.7.14

Intro
What About Your Friends
Baby Baby Baby
Creep
Red Light Special
Diggin On U
Waterfalls
Girl Talk
Damaged
Turntable
Silly Ho
Unpretty
-Encore-
No Scrubs

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
7/18(日)追加公演決定!!!!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
あのTLCがステージに降り立つ!!1992年にデビュー、2ndシングル『ベイビー・ベイビー・ベイビー』がBillboard HOT 100で2位、R&Bチャート1位となり、一躍時代のアイコンとなったTLC。2ndアルバム『クレイジーセクシークール』からは「クリープ」「レッド・ライト・スペシャル」「ウォーターフォールズ」「ディギン・オン・ユー」と大ヒットを連発、アルバムは全米で1,000万枚以上を売り上げた。しかし2002年に不幸な事故でメンバーのレフト・アイが他界。またT-ボスの病気療養などもあって、一時期は活動休止状態となっていたが、2000年代後半からは、日本のステージにも登場するなど、T-ボズ、チリの二人は徐々に活動を再開。ニュー・アルバムの噂も聞こえてきている中、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか期待高まる!

Open / Start

7/14(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

7/15(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

7/16(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

7/17(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥14,000 (6)  / Casual Area : ¥12,000 (5) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました  /  ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ティ・ボズ / T-BOZ(Vocals)
チリ / CHLLI(Vocals)
ケネス・ナイト / Kenneth Knight(Keyboards)
エリック・ウォールズ / Erick Walls(Guitar)
トレ / TRE'S(Bass)
レックス / Lex(Drums)

後援

  • J-WAVE
  • MTV

Profile

【TLC/TLC】
●アイオワ州出身のT-BOZ(本名ティオンヌ・ワトキンス)、フィラデルフィア出身のLEFTEYE(リサ・ロペス)、そしてCHILLI(ロゾンダ・トーマス)の3人組。グループの名前は3人のニックネームの頭文字をとったもの。●1992年、スーパー・プロデューサー・チーム、LA&ベイビーフェイスが設立したレーベル、LAFACEからシングル「AIN’T 2 PROUD 2 BEG」でデビューし、いきなり全米チャートトップ10入りするヒットを記録し、シングルはミリオン・セラーとなった。続くセカンド・シングル「BABY BABY BABY」は全米チャート2位、R&Bチャート1位となり、再びミリオンセラーを記録、後の音楽シーンに多大な影響を与える名曲となる。その後も「WHAT ABOUT YOUR FRIENDS」などのヒット曲を連発、デビュー・アルバム『OOOOOOH…..ON THE TLC TIP』は全米で500万枚以上のセールスを記録、日本でも目にコンドームの袋をはめる奇抜なファッションなども話題となり、20万枚のセールスを記録し、新人としては異例のデビューを飾る。●1994年末、セカンド・アルバム『CRAZYSEXYCOOL』をリリース。シングル「CREEP」は全米チャートで4週連続1位を記録、セカンド・シングル「RED LIGHT SPECIAL」も全米チャート2位となるヒットとなる。しかしTLCの人気がさらに爆発するきっかけとなったのがサード・シングルの「WATERFALLS」で、「派手なものを追いかけていないで堅実に生きよう」と歌ったこの歌は、SFXを駆使したビデオも話題となって全米チャート7週連続1位という大ヒットを記録、日本でもラジオなどでこのシングルが大ブレイクし、アルバム『CRAZYSEXYCOOL』は全米で1,000万枚以上のセールスをあげ、女性グループとしては史上最高のセールスとなった。日本でも女の子たちの憧れの存在として大ヒットを記録、その後のR&Bシーンを大きく変えるアルバムとなり、数多くの日本人アーティストたちにも影響を与えるグループとなった。●1999年サード・アルバム『FANMAIL』をリリース。ファースト・シングルとなった「NO SCRUBS」は全米NO.1に輝き、いわゆるダメ男バッシングという社会現象をうみ出すにいたった。続くセカンド・シングル「UNPRETTY」も全米NO.1となり、アルバム『FANMAIL』は全世界で1000万枚以上のセールスとなり、日本でも100万枚というセールスを記録した。1999年夏には壮健美茶ナチュラル・ブリーズ・コンサートで来日、ラッキーなファンにそのパフォーマンスも披露。全米をまわるFANMAILツアーも実施した。●2001年にはリサ・レフトアイ・ロペスがソロ・アルバム『SUPERNOVA』をリリース。2002年に入るとTLCとして4枚目のアルバムのレコーディングをスタートさせる。そんな最中の2002年4月、リサ・レフトアイ・ロペスが南米ホンジュラスで交通事故により他界してしまうという悲劇が襲う。しかし、T-ボズとチリはレコーディングを続行、レフトアイがすでに録音していたパートもふんだんに取り入れて、ついにTLC3人としてのアルバム『3D』を完成させた。

New Release

『Crazysexycool』
TLC
『Crazysexycool』
BMG JAPAN
1994年11月08日
『Fanmail』
TLC
『Fanmail』
BMG JAPAN
1999年02月17日
Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木