TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram
  • tiktok

Live Scheduleライブスケジュール

2010/12/1(水) - 12/4(土)

デヴィッド・サンボーン

Special Project / Jazz, Fusion

デヴィッド・サンボーン/スティーウ゛・ガッド/ジョーイ・デフランセスコ

David Sanborn / Steve Gadd / Joey DeFrancesco

スーパー・スター・プレイヤー、デヴィッド・サンボーンが、ニュー・アルバム『オンリー・エヴリシング』を引っ提げ、そのアルバムに参加した名ドラマー、スティーヴ・ガッドとオルガン奏者、ジョーイ・デフランセスコと共に初登場!デヴィッドは、1945年フロリダ州生まれ。歌うように奏でる独特の音色は“泣きのサンボーン”とも呼ばれ、スティーヴィー・ワンダー、デヴィッド・ボウイ、B.B.キング、ストーンズ、チャカ・カーン、イーグルスなど、数々の名盤/名ライブに名を連ねてきた。1975年からリーダー作を発表。グラミー賞も受賞した『Voyeur(夢魔)』など、ジャズ/フュージョンの傑作を次々発表。レイ・チャールズへのオマージュである新作にはジェイムス・テイラー、ジョス・ストーンも参加している。不動の人気を誇るサンボーンのプレイを間近で体感したい!

Open / Start

12/1(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

12/2(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

12/3(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

12/4(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥12,600 (5)  / Casual Area : ¥10,600 (4) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

デヴィッド・サンボーン / David Sanborn(Saxophone)
スティーヴ・ガッド / Steve Gadd(Drums)
ジョーイ・デフランセスコ / Joey DeFrancesco(Organ)

Profile

【デヴィッド・サンボーン/David Sanborn】
●1945年フロリダ州タンパ生まれ。幼い頃セントルイスに移る。小児マヒにかかり、リハビリのためにアルト・サックスを吹き始めた。●ノース・ウエスタン大学、アイオワ大学で音楽を学び、67年から71年にかけてポール・バター・フィールド・ブルース・バンド等で活動。その後NYへ進出。スティービー・ワンダー、ポール・サイモン、デヴィッド・ボウイ、ジェームス・テイラー等のバックを務めた。B.B.キング、ジェイムス・ブラウン、トッド・ラングレン等のレコーディングにも参加。以来、トップ・スタジオ・ミュージシャンとして大活躍する。●75年、初リーダー作「テイキング・オフ」を発表する。80年代に入るとスタジオの仕事よりソロの活動が中心となっていく。80年リリースのアルバム「ハイダウェイ」が大ヒット、ゴールド・ディスクを獲得する。翌81年にリリースしたアルバム「夢魔」ではゴールド・ディスク、そしてグラミー賞最優秀R&Bインストゥルメンタル賞を受賞、トップ・サックス・プレイヤーの仲間入りをする。●その後も数々の賞を受賞し、これまでにグラミー賞6回、ゴールド・ディスク4枚、プラチナ・ディスク1枚を獲得するなど驚異的な記録を残す。●また、メル・ギブソン主演の映画「リーサル・ウェポン」の音楽にエリック・クラプトンとともに参加し評価を得たり、米NBCのテレビ番組「ナイト・ミュージック」のホスト役を88年より担当し人気を博すなど多方面で活躍。●04年11月には、VERVE移籍第2弾アルバム「クローサー」をリリース。 「ポインシアナ」、「セニョール・ブルース」、「スマイル」、「ティン・ティン・デェオ」等のお馴染みのスタンダード・ナンバーを中心にした内容で、ゲスト・ヴォーカルにリズ・ライトが参加したことも話題に。●08年6月18日に『ヒア・アンド・ゴーン』をリリース。前作『クローサー』以来で、デッカ移籍第1弾となるこの作品には、エリック・クラプトン、デレク・トラックス、ジョス・ストーン、サム・ムーアなど豪華アーティストが参加!プロデューサーは、グラミー14度受賞のフィル・ラモーン。 ●最新作は、今年2月にリリースした『オンリー・エヴリシング』。1年8ヶ月ぶりの新作で、サンボーンが幼少の時より憧れた、レイ・チャールズの美学へのオマージュ作品で、ジョーイ・デフランセスコ(オルガン奏者)が初参加。ハモンドB3が素晴らしい音色を聴かせる。

New Release

『THE BEST』
デヴィッド・サンボーン
『THE BEST』
ユニバーサル・ミュージック
2010.12.1 Release
人気・実力ともにサックス界の頂点に立ち続けるスター・プレイヤーの近年の代表曲を集めた日本独自ベスト・アルバム!

【収録予定曲】
1. カミン・ホーム・ベイビー
2. イズント・シー・ラヴリー
3. シュガー
4. テキーラ
5. ティン・ティン・デオ
6. セニョール・ブルース
7. ドント・レット・ミー・ビー・ロンリー・トゥナイト feat. リズ・ライト
8. スマイル
9. セントルイス・ブルース
10. ブラザー・レイ feat. デレク・トラックス
11. アイム・ゴナ・ムーヴ・トゥ・ザ・アウトスカーツ・オブ・タウン feat. エリック・クラプトン
12. プリーズ・センド・ミー・サムワン・トゥ・ラヴ
13. ザ・ピーパー
14. オンリー・エヴリシング(フォー・ジェネヴィーヴ)
15. ハード・タイムス
16. ハレルヤ,アイ・ラヴ・ハー・ソー feat. ジェームス・テイラー
*曲目・曲順は変更になる可能性があります。

Link

オフィシャルサイト
デヴィッド・サンボーン

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFORMATION03-3405-1133
INFORMATION03-3405-1133
billboardを呼んできたサラリーマン
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木
Music Cross Aid