ScheduleLive Schedule

  • チケット購入
  • Artist Info
  • ライブスケジュール
ジャニス・イアン
2011/1/27(木) ~ 1/29(土)
Singer-Songwriter / Vocals
ジャニス・イアン
Janis Ian

1/27(木)

1stステージ開場17:30 開演19:00

2ndステージ開場20:45 開演21:30

1/28(金)

1stステージ開場17:30 開演19:00

2ndステージ開場20:45 開演21:30

1/29(土)

1stステージ開場17:00 開演18:00

2ndステージ開場20:00 開演21:00

Billboard Live OSAKA
2010.1.21

I Want To Make You Love Me
From Me To You
Society's Child
Boy, I Really Tied One On
Crocodile Song
Bright Lights&Promise
Today You're Mine
Candlelight
Love Is Blind
Every Woman's Song
Toujours Gai(You Are Love)
Will You Dance?
The Other Side Of The Sun
At Seventeen
-Encore-
Jesse
My Tennessee Hills

1975年「17才の頃」が大ヒット、グラミー賞5部門にノミネートされる快挙を果たした女性シンガー・ソングライター、ジャニス・イアン。14歳で天才少女して注目を浴び、1973年にロバータ・フラックが彼女の「我が心のジェシー」をカヴァーしたことから、翌74年に『スターズ~ジャニスの私小説』でシーンに復帰。「17才の頃」を収録したアルバム『ビトウィーン・ザ・ラインズ~愛の回想録』は全米No.1を記録。少女から大人の女性に成長する過程での揺れ動く心情を綴った内省的で繊細な彼女の歌は世界中で共感を呼んだ。日本ではシングル「恋は盲目」が大ヒット。その後、ドラマ『岸辺のアルバム』で「ウィル・ユー・ダンス」が、そして映画『復活の日』で「ユー・アー・ラブ」が主題歌となり、幅広い支持を獲得。その後、数々の試練を乗り越え12年のブランクを経て、1993年に発表したアルバム『ブレイキング・サイレンス~再会』がグラミー賞の最優秀フォーク・アルバムにノミネートされ、見事に復活を果たし、その後はコンスタントにアルバムを発表している。最近ではアンジェラ・アキとのコラボ「Every Woman's Song」も話題に。ジャニスの優しくも力強い歌声に癒されてみては。
チケットインフォ

チケットを購入される方は、

席種・価格 Club BBLメンバー ゲストメンバー 法人会員(コーポレートチケット)
サービスエリア 9,000円 受付は終了しました 受付は終了しました 03 チケット必要
カジュアルエリア 7,000円 受付は終了しました 受付は終了しました 02 チケット必要

PageTop