OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2012/1/23(月)

R&B, HIP-HOP

アレステッド・ディヴェロップメント

Arrested Development

Billboard Live TOKYO
2012.1.19

We Red
Motivational
La La La
The World Is Changing
Fishin' For Religion
Dawn Of The Dreads
Bloody
Ease My Mind
Tennessee
Mama's Always On Stage
Mr.Wendal
People Everyday
Freestyle
Honeymoon Day
Miracles
Inner City
The Hey Song
Bother Speech
Give A Man A Fish
Redemption Song
Revolution
Raining Revolution
U
I Know I'm Bad
Let Your Voice Be Heard
Haters

過去のビルボードライブではカウントダウンのステージも彩ってくれたヒップ・ホップ・レジェンド、アレステッド・ディヴェロップメントが再登場!1992年『テネシー(遠い記憶)』でデビューを飾り、ピープル・エブリディ」「Mr.ウェンドル」など次々とビッグ・ヒットを放ち、グラミー賞では2部門を獲得。デビュー・アルバム『3イヤーズ、5マンス・アンド・2デイズ・イン・ザ・ライフ・オブ・・・』は、Billboard のアルバム・チャート/HOT 200で最高位7位を記録、4×Platinumをセールスする大ヒットとなった。そのルーツに根ざしたスピリチュアルでメッセージ性の高いリリック、生楽器を中心にしたオーガニック・サウンド、ハイブリッドな音楽性は、従来のヒップホップのイメージを一新。また、アレステッドの中心人物であるスピーチはソロとしても活躍し、2009年に最新作『ザ・グロウ・フォークス・テーブル』をリリースしている。再評価の声が高い過去のヒット曲はもちろん、精力的にリリースされる最新ナンバー、大ネタ使いで盛り上がる「ミラクルズ」など、ラップ、ヴォーカル、ダンスが一体となったステージは、ワン&オンリーのグルーヴ感。久々の登場が今から待ち遠しい。

Open / Start

1/23(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥8,400 (3)  / Casual Area : ¥6,900 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

スピーチ(トッド・トーマス) / Speech(Todd Thomas)(Vocals)
イシィ(ティミーカ・ガイザー) / Eshe (Temeka Gaither)(Dancer/Vocals)
ターシャ・ラレイ(ターシャ・コンウェイ) / Tasha LaRae(Tasha Conway)(Vocals)
ワン・ラブ(スペンサー・ラヴ) / One Luv(Spencer Love)(Vocals)
ジェイ・ジェイ・ブギー(ジェイソン・ライヘルト) / JJ Boogie (Jason Reichert)(Guitar)
ザイ(アイザイア・ウィリアムス) / Za'(Isaiah Williams III)(Bass)
アレン・ガント / Allen Gant(Drums)

後援

  • MTV

Profile

【アレステッド・ディヴェロップメント/Arrested Development】
●1992年アルバム『テネシー(遠い記憶)』でデビュー。当時西海岸のハードコアなラップが猛威を奮っていた中で発表されたこのアルバムは、それまでのヒップホップとは解釈の違う、彼ら独自のハイブリッドなスタイルで革命的なものとなった。このアルバムから「テネシー」、「ピープル・エヴリデイ」、「Mr.ウェンドル」と立て続けに全米トップ10シングルが3曲生まれ、翌年のグラミー賞で「ベスト・ニュー・アーティスト」と「ベスト・ラップ・パフォーマンス(グループ)」の2部門を受賞した。●93年、ヒップホップグループとしては初のMTVアンプラグド・ライブを行う。●94年、2ndアルバム『ズィンガラマドゥーニ』(文化の蜂の巣という意味のスワヒリ語)をリリース。11月には初来日公演も実現。が、オリジナル・メンバーの相次ぐ脱退などにより、グループは解散を余儀なくされる。リーダーのスピーチはその後自身のソロ活動を開始。●2000年8月、再結成しSUMMER SONIC 2000に緊急出演。ブランクを感じさせないパワフルなステージを披露。9月には復活第1作となるミニ・アルバム『ダ・フィーリン』を発表。●01年、フル・アルバムとしてはグループ3作目となるアルバム『ザ・ヒーローズ・オブ・ザ・ハーヴェスト』をリリース。元々大人数の音楽集団で、その作品ごとにメインの参加メンバーが変わっていくスタイルをとっている彼ら。この作品ではスピーチのほかに結成当初からのメンバーであるババ・オージェ(スピリチュアル・アドバイザー)、イーシー(ヴォーカル)、ラサ・ドン(ドラム)が参加した。●05年、4年の沈黙を破り、グループ4作目となるフル・アルバム『アマング・ザ・トゥリーズ』がリリースされた。レコーディングには前述の4名の他、ケネディ(ギター)、スペンサー・ラヴ(ラップ)らツアーのサポートメンバーだった気心も知れたミュージシャンが参加。「メンバーが入れ替わろうと、アイデンティティやモチベーションに翳りがなければ、続けられるべき」というスピーチの信念のもと、よりスピリチュアルに、よりメロディアスな作品になっている。●06年9月6日、『シンス・ザ・ラスト・タイム』をリリース。前作同様、ハッピーで躍動感溢れるアルバムになっている。●最新作は09年12月リリースのアルバム『STRONG』。

Link

オフィシャルサイト
アレステッド・ディヴェロップメント

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します