OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2013/9/12(木)

Giovanni Mirabassi Trio

Jazz / Piano

ジョヴァンニ・ミラバッシ・トリオ ジャパンツアー 2013

Giovanni Mirabassi Trio
Japan Tour 2013

ヨーロッパ・ジャズ界孤高の天才ピアニスト、ジョヴァンニ・ミラバッシが最強のピアノ・トリオでビルボードライブ大阪に登場!2000年、世界の革命歌を取り上げたソロ・ピアノ作品『Avanti!』がフランス・ジャズ界最高の栄誉である「Victoirede la Musique」を受賞。今年5月には、今回のライブメンバー+シンフォニーによるライヴ盤アルバム『Viva Verdi』をリリース。現在進行形のヨーロッパ・ジャズの先頭を走るアーティストによる、哀愁とセンチメンタリズム漂うピアノの音色に酔いしれて。

Open / Start

9/12(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥7,400 (1)  / Casual Area : ¥5,900 (1) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ジョヴァンニ・ミラバッシ / Giovanni Mirabassi(Piano)
ジャンルカ・レンジ / Gianluca Renzi(Bass)
ルクミル・ペレス / Lukmil Perez(Drums)

Profile

【ジョヴァンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi】
1970年、イタリア・ペルージャの生まれ。3歳よりピアノを始め、10歳の頃、ジャズに興味を持ち自己流で勉強を始める。92年パリに移住後、96年アヴィニョン・フェスティヴァルで大賞を受賞した。2000年、世界の革命歌を取り上げた彼のソロ・ピアノ作品『Avanti!』がフランス・ジャズ界最高の栄誉である「Victoirede la Musique」賞を、そして、2003年にはピアノ、トロンボーン、トランペットという特異な組み合わせで驚かせた作品『Air』で「Djangod’Or」賞を獲得。以降、彼は世界的なピアニストとして活躍の場を拡大していった。2008年に発表した作品『Terra Furiosa』を機に彼はジャンルカ・レンジ(b)、レオン・パーカー(ds)と新トリオを結成、そのトリオで『Out of Track』(2009)と『Live@theBlue Note, Tokyo』(2010)を発表し、ジャズ・ピアニストとして確固たる地位を確立する。その後ドラムはハバナ出身のルクミル・ペレスにチェンジした。ミラバッシの勢いは止まることなく、2011年には革命歌の第2弾『Adelante!』を発表、そしてミラバッシ―レンジ―ペレスのトリオ+シンフォニーによるライヴ盤『Viva Verdi』を2013年に発表予定だ。最も影響を受けた音楽家としては同じイタリアが生んだ偉大なジャズ演奏家、エンリコ・ピエラヌンツィをあげている。哀愁とセンチメンタリズム、そして非常に叙情的なそのアドリブは、どの部分を取ってもメロディックでほかのピアニストとは違う個性が浮き彫りになっている。ミラバッシ、現在進行形のヨーロッパ・ジャズの先頭を走るアーティストである。

New Release

『Viva V.e.r.d.i』
Giovanni Mirabassi Trio
『Viva V.e.r.d.i』
Cam Jazz
2013/05/22 Release

ジョヴァンニ・ミラバッシの世界が繊細で美しい弦と響く演奏 2011年韓国でのコンサート音源をCAM JAZZがCD化!

今回は、韓国高陽市でのコンサートを収録した作品。仕掛け人は、韓国の新進気鋭のプロモーター、Hitch Kim氏で、2011年11月27日に行われたジョヴァンニ・ミラバッシのトリオと、ストリングスとの共演があり、CAM Jazzが全世界リリースを手掛けることになりました。

ストリングスは総勢31人。メンバーは地元のアーティストたちですが、ベーシスト、ジャンルカ・レンジのアレンジの元、現代音楽的な分野でも活躍するLorenzo Paglieiをコンダクターに迎えてのプロジェクト。ミラバッシとレンジの楽曲を中心に演奏し、1曲目から100%ミラバッシ・ワールドが広がります!また、ミラバッシのファンの方であれば、想像に難くないことと思いますが、メロディの美しい楽曲とストリングスとの組み合わせは好相性。耽美さ、哀愁漂う曲の世界と、繊細かつ豊穣な弦楽器はベスト・マッチ。実に秀逸な企画と言えます。加えて、注目は、タイトルが「Viva V.E.R.D.I.」とされたこと。ヴェルディといえば、イタリアが生んだ大作曲家であるのみならず、ヴェルディが作曲したオペラ曲「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」「(ナブッコ」)は今日のイタリアにおいて国歌並みに、あるいはそれ以上に有名な旋律と言われるもので、イタリア人にとっては、イコンとも言える音楽家。またV.E.R.D.Iとは統一イタリアの象徴として国民から敬愛されるヴィットリオ・エマニュエーレ2世を称えた”Vittorio Emanuele Red' Italia (イタリア王ヴィットリオ・エマヌエーレ)”の頭文字としてもイタリア人の心に刻まれるもの。”Viva Verdi”とは、イタリア統一戦争の頃、そうした背景から両者を称え、イタリア全土で流行した言葉なのです。

今に及ぶほとんどのキャリアをフランスで積み上げたジョヴァンニ・ミラバッシにとって、また時として、イタリア人としてのルーツ以上にフランスに重きを置いてきたアーティストにとって、イタリアを大きく意識させる”Viva Verdi”というタイトルを作品に付けたのは、意味深なことと言えます。

Link

オフィシャルサイト
ジョヴァンニ・ミラバッシ

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
安全地帯IN甲子園球場 さよならゲーム
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します