OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2013/12/3(火) - 12/4(水)

渡辺貞夫

Jazz / Sax

渡辺貞夫 SADAO WATANABE Bebop The Night

Sadao Watanabe

日本ジャズ界の索引者であり、ついに今年80歳という節目を迎えたサックス・プレイヤー、渡辺貞夫が冬のステージに登場!“BEBOP THE NIGHT”と銘うった今回のライブでは、それぞれニューヨークを中心に活躍する海外の大物プレイヤーを集め、渡辺貞夫が追及するジャズ・ミュージックを披露する。

Open / Start

12/3(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

12/4(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥8,900 (1)  / Casual Area : ¥7,400 (1) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

渡辺 貞夫 / Sadao Watanabe(Alto Saxophone)
アーロン・ゴールドバーグ / Aaron Goldberg(Piano)
ニコラス・ペイトン / Nicholas Payton(Trumpet)
ルーベン・ロジャース / Reuben Rogers(Bass)
オベド・カルヴェール / Obed Calvaire(Drums)

Profile

渡辺貞夫 (Alto Saxophone)
1933年宇都宮生れ。18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドへの参加、バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍。2005年“愛知万博”では世界中から集まった子供達400人と、国境や文化を越えた歌とリズムの共演という長年の夢を実現させ、それらの活動は海外へ広がる。近年は国立音楽大学の招聘教授、「札幌市芸術文化財団 芸術の森事業部」の芸術・音楽監督を務め、次世代の育成にも力を注ぐ。今年5月には25年ぶりのブラジル録音によるニューアルバム「オウトラ・ヴェス ~ふたたび~」をリリース。80歳を迎えた現在も精力的に演奏活動を行う生涯現役プレイヤーのその姿は、世界中の老若男女に勇気と感動を与えている。

Aaron Goldberg (Piano)
1974年ボストン生れ。高校時代にジャズ音楽に目覚め、ハーバードカレッジ卒業前の1年間「The New School」でジャズ、コンテンポラリー・ミュージックを学ぶ。卒業後は同世代の仲間やフレディ・ハバード、トム・ハレル等とも共演しながら、自己のトリオで活動。1998年にジョシュア・レッドマンのレギュラー・メンバーに抜擢され、一躍脚光を浴びる。ダイナミックかつ歌心溢れる美しいメロディで、新世代ピアニストの筆頭格的存在である。

Nicholas Payton (Trumpet)
1973年ニューオリンズ生れ。恵まれた音楽環境の中で育ち、4歳でトランペットを手にする。12歳の時には「All Star Brass Band」の一員として活動。高校時代から本格的に音楽を学び、ニューオリンズ大学ではエルサ・マルサリスに師事。1994年に初リーダーアルバムを発表し、1997年、ドク・チータムとの共作「Stardust」でグラミー賞を獲得。作・編曲も手掛け、ハービー•ハンコック、ウェイン•ショーター等、多くのアーティストの作品に参加。その数は120を超える。渡辺貞夫とは「Remembrance」での共演以来14年ぶりとなる。

Reuben Rogers (Bass)
1974年バージン諸島生れ。カリプソ、レゲエ、ゴスペル、ジャズと、様々な音楽にさらされて幼少時代を過ごす。幾つもの楽器と取り組み、自分に最も適した楽器はベースであると判断。その才能が認められ、学校・団体から奨学金や数々の賞を獲得し、1997年バークリー音楽大学から学士号を授与される。ジョシュア・レッドマン、ロイ・ハーグローブ等多くのアーティストと共演し、アルバム制作に参加した作品は70以上にもなる。渡辺貞夫とは今回初共演となる。

Obed Calvaire (Drums)
1981年マイアミ生れ。マンハッタン音楽院でジャズ・ドラムを学び、2003年に学士号を授与される。
学生時代から音楽活動を始め、卒業後はウィントン・マルサリスを始め多くのアーティストと共演。近年はリチャード・ボナのプロジェクトにも参加。又ヴァンガード・ジャズ・オーケストラを始めとする有名ビッグバンドへの参加と、幅広く活躍。いま最も期待される若手ドラマーの一人である。

New Release

『オウトラ・ヴェス~ふたたび~』
渡辺貞夫
『オウトラ・ヴェス~ふたたび~』
ビクターエンタテインメント
2013/05/22 Release

日本を代表するサックス・プレイヤー、渡辺貞夫の25年ぶりとなるブラジル・レコーディング・アルバム。心あたたまる渡辺貞夫メロディをジャジーに奏でるブラジリアン・フレイヴァー溢れる会心作。サポート・ミュージシャンとして、ブラジルの人気ヴォーカリストのファビアーナ・コッツァやギタリストのスワミ Jr.、ドラマーのセルソ・ヂ・アルメイダらが参加。

Link

オフィシャルサイト
渡辺貞夫

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
安全地帯IN甲子園球場 さよならゲーム
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します