OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2014/1/7(火)

植村花菜

J-Popular

植村花菜

Kana Uemura

名曲「トイレの神様」が国民的大ヒットを記録した関西出身のシンガーソングライター、植村花菜がちょうど1年ぶりに新年のステージに登場。今回は結婚後初の夫婦共演として、indigo jam unitのドラマー清水勇博も参加し、普段とはひと味違うJAZZテイストなステージをお届け。1/29にリリースされる、テレビ東京系ドラマ「水曜ミステリー9」のエンディングテーマ「“輝く時間(とき)の中で”」も披露予定。

Open / Start

1/7(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥6,500 (2)  / Casual Area : ¥5,000 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

植村 花菜 / Kana Uemura(Vocals, Acoustic Guitar)
工藤 精 / Show Kudo(Bass)
清水 勇博(indigo jam unit) / Takehiro Shimizu(Drums)
栗田 妙子 / Taeko Kurita(Piano)

後援

  • FM802

Profile

【植村 花菜/Kana Uemura】
シンガーソングライター。
1983年1月4日生まれ。
兵庫県川西市出身。

2005年、「大切な人」でメジャーデビューを果たし、その後もリリース・LIVEなど精力的に活動を展開。透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで同世代をはじめ多くの人を魅了する。

2010年3月にリリースしたミニアルバム『わたしのかけらたち』に収録の「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、オリコン・有線・着うた(R)ランキングなどをはじめとする各チャートの上位を長期的に騒がすロングヒットを記録。同年7月には上海万博にて初の海外パフォーマンスを大成功させた。

「トイレの神様」はドラマ化のほか、小説・絵本化も実現。東京・大阪ではギャラリー展が開催されるなど、一躍社会現象を巻き起こした。同曲は2010年11月にシングルリリース。年末の「日本レコード大賞」で優秀作品賞と作詩賞のW受賞、さらには念願であった「NHK紅白歌合戦」へ初出場を果たす。オリコンウィークリーチャートで2週連続の1位、着うた・PCの配信チャートでも月間1位を獲得、更には2011年着うたフル(R)上半期チャートでも1位を獲得するなど、2010年を代表する1曲として、多くの人に愛される曲となった。

2011年9月に「My Favorite Songs/世界一ごはん(ハウス食品『ふうふうシチュー』のCM ソング)」のダブルAサイドシングル、翌2012年1月には「メッセージ(映画『マジック・ツリーハウス』主題歌)」をリリース。これらのシングルが収録された最新オリジナルアルバム「手と手」も好評発売中。

New Release

『Steps』
植村花菜
『Steps』
キングレコード
2013/03/13 Release

植村花菜の久しぶりのミニ・アルバム。本作はサカイ引越センターCMソング「新しい世界」はじめ、出会いや別れをコンセプトに制作された楽曲を収録したコンセプチュアルな内容。同梱のDVDには1月4日、自身の誕生日に行われた一夜限りのプレミアムライブ「The Birthday Live」からライブ映像を収録。
「輝く時間の中で」
植村花菜
「輝く時間の中で」
キングレコード
2014/01/29 Release

Link

オフィシャルサイト
植村 花菜

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
安全地帯IN甲子園球場 さよならゲーム
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します