TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2014/3/5(水) - 3/8(土)

Premium Stage

ナタリー・コール

Natalie Cole

数々のグラミー賞を手にしてきた、全米が誇る歌姫がついにビルボードライブに登場!ジャズピアニスト/シンガーのナット・キング・コールを父に持ち、デビュー当時からその類まれな歌声で世界を虜にしてきたナタリー・コール。デビュー曲「ジス・ウィル・ビー」でグラミー賞の最優秀R&B女性ボーカル賞、最優秀新人賞を獲得。1991年に発表した偉大なる父のカバー集『アンフォゲッタブル』は、全米ポップチャートで5週連続1位に輝きジャズ作品としては異例の大ヒットを記録。グラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞した。2013年には全編スペイン語で歌唱した新作『エスパニョール』をリリースし世界から注目を浴びた。伸びやかでソウルフル。観る者の心を奪う表情豊かな歌声を間近で味わえる極上のステージとなる。


【Set List】2014/3/5 1st@Billboard Live TOKYO

Stardust
Summer Sun
Fever
A Tisket A Tasket
Route 66
Tell Me All About It
Somewhere In The Hills
Acercate Mas
Quizas, Quizas, Quizas
The Very Thought Of You
Too Young
Smile
Unforgettable
L-o-v-e

This Will Be

Open / Start

3/5(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

3/6(Thu)1st Stage Open 18:00 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

3/7(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

3/8(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥14,800 (6)  / Casual Area : ¥12,800 (5) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Notice

【3/6の1stステージは貸切となっております】

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ナタリー・コール / Natalie Cole(Vocals)
リン・フィドモント / Lynne Fiddmont(Background Vocals)
トレイシー・ブラウン・ベイリー / Traci Brown-Bailey(Background Vocals)
マヘーシュ・バラソーリヤ / Mahesh Balasooriya(Piano)
アレッサンドロ・アレッサンドリーニ / Alessandro Alessandroni(Keyboards)
アンソニー・パリッツィ / Anthony Pulizzi(Guitar)
エドウィン・リヴィングストン / Edwin Livingston(Bass)
ロバート・ミラー / Robert Miller(Drums)
ロバート・アダム・“ロビー”・ヤンシー / Robert Adam "Robbie" Yancy(Percussion)

特集

  • 特集

後援

  • J-WAVE

Profile

【ナタリー・コール/Natalie Cole】
ナット・キング・コールの次女としてカリフォルニア州ロサンジェルスに生まれる。幼い頃から父ナットの音楽に囲まれて育ち、11歳でステージ・デビュー。

大学を出てクラブ・シンガーとして活躍の後、キャピトル・レコードと契約、75年にデビュー作『インセパラブル』を発表する。グラミー賞(75年度)の「最優秀新人賞」に選出されると同時に、「ジス・ウィル・ビー」が同賞の「最優秀R&Bヴォーカル賞」に輝き、アルバムはゴールドの売り上げを記録するなどセンセーショナルなデビューを飾る。翌76年『ナタリー』で再びグラミーを受賞する。同年、「東京音楽祭」のため初来日し、アルバム『ナタリー』に収録の「ミスター・メロディ」を歌ってグランプリを獲得する。続く『アンプレディクタブル』、『サンクフル』、『ナタリー・ライヴ』、『アイ・ラヴ・ユー・ソー』などすべてがゴールドやプラチナ・アルバムに輝き、名実ともに大物歌手の仲間入りをする。

80年代に入ると喉の疾患などでしばらくアルバム制作を休止したが、87年にワーナー(ELEKTRA)に移籍し『永遠の夢』で表舞台に戻り、89年の『グッド・トゥ・ビー・バック』からは「ミス・ユー・ライク・クレイジー」のメガ・ヒットが生まれる。そして91年、父ナットへ捧げたスーパー・アルバム『アンフォゲッタブル』を発表。同年度の第34回グラミー賞で「レコード・オブ・ジ・イヤー」「アルバム・オブ・ジ・イヤー」など7部門を授賞。その後も、『テイク・ア・ルック』や『スターダスト』といった大作でグラミー賞を獲得。父に勝るとも劣らない人気と評価を確立する。

02年にはヴァーヴ・レコードに移籍して『アスク・ア・ウーマン・フー・ノウズ』を、06年には、ダラス・オースティンをプロデューサーに迎え、再び彼女の音楽のルーツに立ち還った究極のR&Bアルバム『リーヴィン』を発表した。近年は音楽活動と並行して、熱帯雨林基金、小児糖尿病基金、アメリカ赤十字などの慈善福祉活動にも力を注いでいる。

Link

オフィシャルサイト
ナタリー・コール

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
安全地帯IN甲子園球場 さよならゲーム
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木