OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram
  • tiktok

Live Scheduleライブスケジュール

2015/2/19(木)

青紀ひかり

Jazz / Vocals

青紀ひかり

Hikari Aoki

MILANOのライブハウス、カポリネアでJAZZと出会ったのをきっかけに、04年にデビューしたジャズ・ヴォーカリスト、青紀ひかりが2年ぶりとなる4thアルバム『Ice House Street』を携え登場。最新作は、香港に実在する由緒ある建物や有名ホテルが立ち並ぶ“Ice House Street”の雰囲気を漂わせた作品に。59年のヘンリーマンシーニ「Slow Hot Wind」から、76年のボズ・スギャッグス「We're All Alone」、80年代ではシャーデー「Is it A Crime」、マドンナ「Into The Groove」、2011年セレーナ・ゴメス&ザ・シーン「Love You Like A Love Song」等々、ジャンルや年代の幅が広がった選曲となっている。彼女の唯一無二なウィスパーヴォイスで繰り広げられる、ノスタルジックでスタイリッシュなステージにじっくりと浸って。

Open / Start

2/19(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥7,000 (1)  / Casual Area : ¥5,500 (1) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

青紀 ひかり / Hikari Aoki(Vocals)
鈴木 央紹 / Hisatsugu Suzuki(Saxophone)
天野 清継 / Kiyotsugu Amano(Guitar)
若井 優也 / Yuya Wakai(Piano)
FUYU / Fuyu(Drums)
パット グリン / Pat Glynn(Bass)

Profile

【青紀 ひかり/Hikari Aoki】
MILANOのライブハウス、「カポリネア」でJAZZを耳にしヴォーカルを志し、 ヨーロッパからニューヨークへ渡る。フィリップハミルトン(パット・メセニーグループヴォーカル)と出逢い、 AOKI独自のスタイリッシュでアーティーな歌い方を身につける。04年に1stアルバム『Indigo』をリリース。05年に世界を代表するベーシスト、ロン・カーターと共演したライブDVDをリリース。11年11月にリリースした2ndアルバム『Charlotte Street』(ロンドンのストリート名)は ヨーロッパ映画のように曲ごとに色々なシーンが目に浮かぶ洒落た仕上がりになっている。12年3月よりFMCOCOLOにて番組「CinemaNoirMusic」パーソナリティースタート。12年5月には香港「Fringe Club」でライブを行い大成功を収める。この年は、800年の歴史を持つ「サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア 京都」、 異国の香りを感じるBAR「MADURO」や「Anjin」(代官山 蔦屋書店)等、AOKIらしい場所でLIVEを行う。12年12月には3rdAL『Bond Street』(ニューヨークのストリート名)をリリース。このアルバムツアーを同年12月に「ビルボードライブOSAKA」、 13年1/19香港「Fringe Club」、1/20にはシンガポール、「The Sultan Jazz Club」 5/10,11韓国「Once In A Blue Moon」でライブを実施。12年13年と「Cinema Birthday in KOBE」にてロン・カーターと共演。今後も、アジアを中心にAOKIらしい場所を求めて活動をしていく。

New Release

『Ice House Street』
青紀ひかり
『Ice House Street』
ギザ
2014/11/26 Release

ロン・カーター(Ba)との共演で注目を集めたシンガー青紀ひかりの4thアルバムの発売が決定!!
今作は、よりジャンルや年代の幅が広がった選曲となっており、59年のヘンリーマンシーニ「Slow Hot Wind」、68年にヒットした エンゲルベルト・フンパーディンクの「Quando,Quando,Quando」、69年のショッキング・ブルーの「Venus」、76年のボズ・スギャッグス「We're All Alone」、80年代ではシャーデー「Is it A Crime」、マドンナ「Into The Groove」、90年デペッシュ・モード「Personal Jesus」、2011年セレーナ・ゴメス&ザ・シーン「Love You Like A Love Song」等々、実に多彩な11曲となっています。アレンジを施した鈴木央紹(Sax)を始め、井上陽介(Ba)、天野清継(Gt)、荻原亮(Gt)、宮川純(Pf)、若井優也(Pf)、FUYU(Dr)など、一流ミュージシャンと青紀ひかりの唯一無二なウィスパーヴォイスが重なり合った瞬間、ノスタルジックでスタイリッシュなIce House Streetの雰囲気に包み込まれます。じっくりと聴いてノーブルな気分に浸って頂きたい1枚です。

Link

オフィシャルサイト
青紀 ひかり

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFORMATION06-6342-7722
INFORMATION06-6342-7722
billboardを呼んできたサラリーマン
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
Music Cross Aid