OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2018/12/28(金)

アレステッド・ディベロップメント

Arrested Development

オーガニックなサウンドとハイブリッドな音楽性でヒップホップのイメージを更新してきたパイオニア、アレステッド・ディベロップメントが、ビルボードライブのイヤーエンドをグルーヴィに締めくくる。
1992年のデビュー曲「テネシー(遠い記憶)」が90年代を代表する大ヒットとなり、一躍その名を世に知らしめた彼ら。その後も「ピープル・エブリディ」「Mr.ウェンドル」といったビッグ・ヒットを続々と放ち、グラミー賞では2部門を受賞。ルーツに根ざしたスピリチュアルなメッセージ、ラップ/ヴォーカル/ダンス/生楽器が一体となったライブ・パフォーマンスには定評がある。その類まれなステージングを通して、年末にふさわしいエネルギッシュなパワーをぜひ体感して欲しい。

Open / Start

12/28(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥10,800 (4)  / Casual Area : ¥9,800 (3) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 10/19(Fri)11:00 受付開始  /  ゲストメンバー: 10/26(Fri)11:00 受付開始

Member

スピーチ(トッド・トーマス) / Speech (Todd Thomas) (Vocals)
ワン・ラブ(スペンサー・ラヴ) / One Love (Spencer Love) (Vocals)
ラターシャ・ラレイ(ラターシャ・コンウェイ) / LaTasha LaRae (LaTasha Conway) (Vocals)
ジェイ・ジェイ・ブギー(ジェイソン・ライヘルト) / JJ Boogie (Jason Reichert) (Guitar)
ファリーダ(ファリーダ・アレーム) / Fareedah (Freedah Aleem) (Dancer)
エリック・ドジィアー / Eric Dozier (Keyboards)
ウィリアム・モンゴメリー / William Montgomery (Bass)
コーリー・レイモンド / Corey Raymond (Drums)

Profile

【アレステッド・ディヴェロップメント/Arrested Development】
●1992年アルバム『テネシー(遠い記憶)』でデビュー。当時西海岸のハードコアなラップが猛威を奮っていた中で発表されたこのアルバムは、それまでのヒップホップとは解釈の違う、彼ら独自のハイブリッドなスタイルで革命的なものとなった。このアルバムから「テネシー」、「ピープル・エヴリデイ」、「Mr.ウェンドル」と立て続けに全米トップ10シングルが3曲生まれ、翌年のグラミー賞で「ベスト・ニュー・アーティスト」と「ベスト・ラップ・パフォーマンス(グループ)」の2部門を受賞した。●93年、ヒップホップグループとしては初のMTVアンプラグド・ライブを行う。●94年、2ndアルバム『ズィンガラマドゥーニ』(文化の蜂の巣という意味のスワヒリ語)をリリース。11月には初来日公演も実現。が、オリジナル・メンバーの相次ぐ脱退などにより、グループは解散を余儀なくされる。リーダーのスピーチはその後自身のソロ活動を開始。●2000年8月、再結成しSUMMER SONIC 2000に緊急出演。ブランクを感じさせないパワフルなステージを披露。9月には復活第1作となるミニ・アルバム『ダ・フィーリン』を発表。●01年、フル・アルバムとしてはグループ3作目となるアルバム『ザ・ヒーローズ・オブ・ザ・ハーヴェスト』をリリース。元々大人数の音楽集団で、その作品ごとにメインの参加メンバーが変わっていくスタイルをとっている彼ら。この作品ではスピーチのほかに結成当初からのメンバーであるババ・オージェ(スピリチュアル・アドバイザー)、イーシー(ヴォーカル)、ラサ・ドン(ドラム)が参加した。●05年、4年の沈黙を破り、グループ4作目となるフル・アルバム『アマング・ザ・トゥリーズ』がリリースされた。レコーディングには前述の4名の他、ケネディ(ギター)、スペンサー・ラヴ(ラップ)らツアーのサポートメンバーだった気心も知れたミュージシャンが参加。「メンバーが入れ替わろうと、アイデンティティやモチベーションに翳りがなければ、続けられるべき」というスピーチの信念のもと、よりスピリチュアルに、よりメロディアスな作品になっている。●06年9月6日、『シンス・ザ・ラスト・タイム』をリリース。前作同様、ハッピーで躍動感溢れるアルバムになっている。●最新作は09年12月リリースのアルバム『STRONG』。

Link

オフィシャルサイト
アレステッド・ディヴェロップメント

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFO & RESERVATION06-6342-7722
INFO & RESERVATION06-6342-7722
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
11th THANK YOU