OSAKA

Billboard Live OSAKA
@HERBIS PLAZA ENT,Umeda,Osaka

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2010/3/3(水)

ジェイムス・コットン

Blues

ジェイムス・コットン

James Cotton

ブルース・ハープの‘LIVING LEGEND’ジェイムス・コットンが、ビルボードライブに再登場! 57年にマディ・ウォーターズのバンドに加入し活躍後、67年にソロ・デビュー。74年の名盤『100%コットン』で究極のファンキー・ブルースを聴かせ、不動の地位を築いた。96年のグラミー賞では『Deep In The Blues』がベスト・トラディショナル・ブルース・アルバムに輝き、35周年を記念に作られた『35Th Anniversary Jam』(02年)がW.C.ハンディ・アワード(現ブルース・ミュージック・アワード) ベスト・トラディショナル・アルバムを受賞。年月に磨かれ円熟を極めた渋いヴォーカルとハープで、ブルース魂をみせつける。

Open / Start

3/3(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price

Service Area : ¥8,400 (3)  / Casual Area : ¥6,900 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ジェイムス・コットン / James Cotton(Harmonica)
スラム・アレン / Slam Allen(Guitar & Vocals)
トム ・ホランド / Tom Holland(Guitar & Vocals)
ノエル・ニール / Noel Neal(Bass)
ケニー・ニール Jr. / Kenny Neal Jr.(Drums)

Profile

【ジェイムス・コットン/James Cotton】
●1935年7月1日、ミシシッピ州のチュニカに8人兄弟の末っ子として生まれる。●幼い頃から母親のハーモニカを聴いて育ったコットンは、クリスマスにプレゼントしてもらったハーモニカで、ラジオから流れてくる曲に合わせて演奏するようになる。●9才の時に両親が亡くなってから、家を離れ、憧れのブルースハープ奏者“サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡ”を探すためアルカンサスヘ。サニー・ボーイはコットンを息子として育て、ブルースハープとブルースマンの生活の厳しさについて教える。(15才まで生活を共にした)●その後4年間、ウエスト・メンフィスでハウリン・ウルフと一緒に演奏活動をする。●54年、噂を聞いたマディ・ウォーターが、コットンのライブを観にやってくる。ちょうどブルースハープ奏者を探していた彼はコットンをスカウト。その後、マディ・バンドのレギュラー・メンバーになり、ソロとして独立するまで約10年間在籍した。●ソロとして独立したコットンが、”ジェームス・コットン・バンド”としての初アルバムを録音したのは67年のこと。●70年代に入るとファンクのリズムをブルースに取り入れ、ファンク・ブルースを確立する。●74年、バンド名義でリリースしたアルバム「100%コットン」はブルース・ハープ/ファンク・ブルースの一大名盤とされ、のちのブルースの流れを作った重要作である。ライブ感溢れる彼のヴォーカルとハープを存分に楽しめる、グルーヴィーな1枚。昨年12月、再リリースされた。●彼は、あのジャニス・ジョプリンのツアーにも参加した経験を持つ、貴重なミュージシャンのひとりでもある。●96年、第39回グラミー賞で、アルバム「Deep In The Blues」がベスト・トラディショナル・ブルース・アルバムに輝いた。このアルバム、ファンク・ブルースで知られるコットンが、アンプラグドで録音したアルバムで、ベースにはオーネット・コールマンらとの活動で知られるチャーリー・ヘイデンが参加。コットンの渋いヴォーカルとハープが魅力の1枚である。●その他、過去7回グラミー賞にノミネートされている。●02年には、彼の活動35周年を記念に作られたアルバム「35th Anniversary Jam」をリリース。また「100%コットン」をはじめ、「High Energy」(アラン・トゥーサン参加。ニュ-オーリンズ録音。75年リリース)、「Live & On The Move」(76年リリースのライブ盤)など、過去の彼の作品が多く再リリースされ、再注目を集めている。●04年「Baby,Don't You Tear My Clothers」(輸入盤)をリリース。

New Release

『Baby Don't You Tear My Clothes』
James Cotton
『Baby Don't You Tear My Clothes』
Telarc Blues
2004/05/31

Link

オフィシャルサイト
ジェイムス・コットン

Billboard Live OSAKA
Billboard Live OSAKA 大阪市北区梅田2丁目2番22号
ハービスPLAZA ENT B2F
INFORMATION06-6342-7722
INFORMATION06-6342-7722
安全地帯IN甲子園球場 さよならゲーム
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します