TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2010/6/11(金) - 6/13(日)

カサンドラ・ウィルソン

Jazz / Vocals

カサンドラ・ウィルソン

Cassandra Wilson

Billboard Live TOKYO
2010.6.11 1st set

Song for Eshu
40 Days, 40 Night
A Sleeping Bee
Lover Come Back to Me
Harvest Moon
You Don't Know What Love Is
St.James Infirmary
Moon River
Pony Blues
-ENCORE-
Black Bird

2010ジャンルを超えたトップ・ヴォーカリスト=カサンドラ・ウィルソンがビルボードライブに初登場!ディープなブルースと研ぎ澄まされたジャズの感性で歌い上げ、ジャズ界のみならず、あらゆるジャンルのミュージシャンやクリエーターたちからリスペクトを受けている。1985年に『ポイント・オブ・ヴュー』でアルバム・デビューを果たし、95年の『ニュー・ムーン・ドーターでグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞を獲得。2001年には「タイム」誌でベスト・シンガーに選出され、絶賛を博してきた彼女。第51回グラミー賞(2009.2)では、『ラヴァリー~恋人のように~』が「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」を受賞し、その健在ぶりをみせつけてくれた。今回は新作からの楽曲の披露にも期待がかかる。ますます深みの増した彼女のヴォーカルを是非ライブで体感したい。

Open / Start

6/11(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

6/12(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

6/13(Sun)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥9,500 (3)  / Casual Area : ¥7,500 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました  /  ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

カサンドラ・ウィルソン / Cassandra Wilson(Vocals)
マーヴィン・スーウェル / Marvin Sewell(Guitar(MD)
ジョナサン・バティスト / Jonathan Batiste(Piano)
ロニー・プラキシコ / Lonnie Plaxico(Bass)
レカン・ババロラ / Lekan Babalola(Percussions)
ハーリン・ライリー / Herlin Riley(Drums)

後援

  • J-WAVE

Profile

【Cassandra Wilson/カサンドラ・ウィルソン】
●ミシシッピー州ジャクソン生まれ。ジャズ・ミュージシャンを父に持ち、幼い頃よりデューク・エリントン、セロニアス・モンク、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーンなどのジャズを耳にするが、9歳からギターとピアノを学習した彼女が、自身で興味を持ったのはジョニ・ミッチェル、ボブ・ディラン、ジェイムス・テイラーなどのフォークであった。●1975年ヴォーカリスト/ギタリストとしてプロ入り、ジョニ・ミッチェル、ロバータ・フラックなどのR&Bやオリジナルをレパートリーとして活動をする。●1981年ニュー・オリンズに移住、アール・タービントンのグループに参加。その後ニューヨークに進出。その頃ニューヨークで先鋭的な活動を行っていたふたりのアルト奏者、スティーブ・コールマンとグレッグ・オズビーが中心となって結成された音楽集団「M-BASE」の一派に参加。●1986年実質的デビュー・アルバム「POINT OF VIEW」(JMT)をリリース。●1988年にリリースした「ブルー・スカイ」は長期にわたってベストセラーを続け、彼女の名前を一般の音楽ファンにも知らしめる成功につながった。●以後7枚のスタジオ・レコーディング・アルバムとライヴ・アルバム1枚を発表した後、1993年ブルーノートに移籍。移籍第1弾となった「ブルー・ライト」でこれまでのスタイルを更に深化させ、ジョニ・ミッチェル、ロバート・ジョンソン、スタイリスティックスなどのレパートリーを、カサンドラならではのヴォーカリズムで披露。全世界で30万枚というジャズ界異例のセールスを記録。ジャズ界の賞を総なめする。●1996年発表の「ニュー・ムーン・ドーター」では本国でグラミー賞最優秀ヴォーカル賞を、日本ではスイング・ジャーナル誌ディスク大賞・ヴォーカル賞を受賞。名実ともにジャズ界の頂点に君臨する。●1997年ジャズ・スタンダード・アルバム「テネシー・ワルツ」を新鋭ピアニスト、ジャッキー・テラソンとの双頭リーダー名義で発表。同年のスイング・ジャーナル・ディスク大賞・金賞を受賞。ヴォーカル・アルバムの受賞は初めて。●1999年2月帝王マイルス・デイビスの曲に自らが歌詞を歌い上げた「トラヴェリング・マイルス」をリリース。●2002年「ベリー・オブ・ザ・サン」をリリース。●2003年リリースした「グラマード」はピアノ抜きの編成で、米国黒人音楽を俯瞰(ふかん)するだけでなく、その先にブラジル音楽やラテン音楽を透かせて見せている。ブルーノート移籍後の「ブルー・ムーン」から始まったカサンドラの集大成的一枚。●2006年3月に『サンダーバード』をリリース。●2008年には、『ラヴァリー~恋人のように~』をリリース。2年ぶりのアルバムは、自身のブルーノート・レコード初スタンダード・アルバム。●最新作は、2009年5月リリースのBLUE NOTE創立70周年(2009年時)記念作品として『クローサー・トゥ・ユー ~ザ・ベスト・ポップ・ヒッツ・コレクション』。内容は、ポップ・ヒッツのカヴァー・アルバムで、U2「恋は盲目」、シンディ・ローパー「タイム・アフター・タイム」他を収録。 

New Release

『シルヴァー・ポニー/Silver Pony』
カサンドラ・ウィルソン
『シルヴァー・ポニー/Silver Pony』
EMIミュージック・ジャパン
今年リリース予定の最新アルバム。
スタジオ録音とライブ録音を融合させ、「恋人よ我に帰れ」「ブラックバード」などを収録。
Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木