TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2011/4/8(金) - 4/9(土)

ワークシャイ

Pops, AOR

ワークシャイ

Workshy

スタイリッシュなセンスで知られるUKポップ・デュオ、ワークシャイが初登場!1986年にロンドンで結成され、1988年、アルバム『いつかどこかで』でデビュー。ニュー・ソウル/ジャズ/AOR/ボサノヴァなどを巧みに取り入れたサウンドは、全国のFMでパワー・プレイを獲得して大ヒットを記録。以降、マット・ビアンコのマーク・フィッシャー、スタイル・カウンシルのミック・タルボットなどをプロデューサーに迎え、コンスタントに上質なアルバムをリリース。ニュー・アルバム『ビタースウィート』では、ジャネット・ケイやビョークのカヴァーを披露。洗練されたサウンドに包まれたメロウで切ない名曲に心地よく浸りたい。

※マイケル・マクダーモットは、健康上の理由から今回のツアーに参加していません。ご了承ください。

Open / Start

4/8(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

4/9(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥6,800 (2)  / Casual Area : ¥4,800 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました  /  ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

クリスタ・ジョーンズ / Chrysta Jones(Vocals)
ゲイリー・プール / Gary Poole(Vocals/Percussions)
クリスピン・テイラー / Crispin Taylor(Drums)
アーニー・マッコーン / Ernie McKone(Bass)
ジャネット・メイソン / Janette Mason(Keyboards)
トビー・ベイカー / Toby Baker(Synthesiser/Guitar)
デーモン・ブラウン / Damon Brown(Trumpet)

後援

  • TVK

Profile

【ワークシャイ/Workshy】
●86年、クリスタ・ジョーンズ(Vo)(1963年ロンドン生まれ)、ケヴィン・ホー(G)(62年メルボルン生まれ)と61年イギリス生まれのマイケル・マクダーモット(B)の3人でワークシャイを結成。●幼馴染みだった彼らは10代の頃からバンドを組んで遊んでいた。一方、音楽一家に育ったクレスタは11歳にして父親のバンドにヴォーカリストとして参加。以来ずっと歌い続けてきた。●80年代前半にロンドンのセント・マーティンズ芸術学校に入学したマイケルは、同じくロンドンに出てきて心理学を学んでいたケヴィンと一緒に10人編成のソウル・ファンク・ラテン・バンド、ガレージを結成。この時期に2人はクリスタと出会っている。●87年、「ユアーズ・フォー・ザ・テイキング」というシングルでデビュー。●89年、1stアルバム『いつかどこかで』をリリース。爽快でキャッチーなムードが日本でも受け、テレビ番組にも使われるなどして音楽ファンの心をつかんだ。●93年の第3作『ヘヴン』から、ケヴィンが抜けクリスタとマイケルの2人のユニットになるが、ジェイムス・マクミランやマッド・プロフェッサーらの大物を迎えて音楽コンセプトを踏み固め、エヴリシング・バット・ザ・ガールやスウィング・アウト・シスターに並ぶ人気を獲得。●94年の第4作『ソウル・ラヴ』では、スティーヴィー・ワンダーやバート・バカラックなど二人のフェイバリットをカヴァーし、名曲にフレッシュな光をあてた。以来、『アンダー・ジ・インフルエンス』でUKソウル&ファンクの鬼才レイ・ヘイデン、『アルーア』では元ガリアーノのメンバーの手を借り、軽快なソフィストケイションに磨きをかけてきた。●99年新天地を求めて日本コロムビアに移籍。●00年1月、最高傑作と評価されたアルバム『クリア』を発表。●00年度アドリブ誌ポピュラー・ディスク大賞(ポップス賞)を受賞。●02年2月、アルバム『ムード』を発表。プロデュースは前作でもその参加が注目された元インコグニートのリチャード・ブル。●07年『スマイル・アゲイン』をリリース。●最新作は、今年2月23日にリリースとなる『ビタースウィート』。ニュー・ソウル、ジャズ、AOR、ボサノバなどを絶妙にブレンドした幻想的でメロウなグルーヴな曲が満載で、ラヴァーズ・ロックの名曲「Silly Games」(ジャネット・ケイ)、モダンなテイストの「Venus As A Boy」(ビョーク)、ラテンのフィーリングたっぷりの「We'll Keep Striving」(La La)のカヴァー曲も収録されており、独特のスタイリッシュな雰囲気に仕上がっている。

New Release

『Bittersweet』
WORKSHY
『Bittersweet』
インペリアルレコード
2011.2.23 Release
TECI-25638

Link

オフィシャルサイト
ワークシャイ

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木