TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2011/6/23(木)

エリーシャ・ラヴァーン

R&B / Vocals

エリーシャ・ラヴァーン

Elisha La'Verne

Billboard Live OSAKA
2011.6.22

Flawless
We Belong Together
Those Were The Days
You Are The One
I Maybe Single
Give Me A Reason
I'm Not Dreaming
I Don't Mind
Raindrops
Can't Hide
Can't Hide Love
In My Skin
Playing Hard To Get
Close To You
-Encore-
Postcards

90年代のシーンに咲いたUKのディーヴァが完全復活、約10年ぶりとなるアルバム『361 Degrees』を引っ提げて初登場!イギリスで生まれたエリーシャは、学生時代にマキシ・プリーストに才能を見いだされ、その後、ジャイアント・スウィング・プロダクションズのプロデュースの元、1996年にアルバム『ハー・ネーム・イズ...』でデビュー。日英のコラボレーション・ソウル・ディーヴァとしてまず日本で話題を呼び、シングル「セイ・イエー!」はUKのチャートも席巻。その後、コンスタントにアルバムを発表しながらも、2000年代はUKでのセッション活動などが中心となっていた。その彼女が、この3月約10年ぶりとなるアルバム『361 Degrees』でシーンに復活。90年代のグルーヴィーなナンバーから最新作まで、エリーシャの真髄を堪能するワンナイト。

Open / Start

6/23(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

Price

Service Area : ¥7,000 (2)  / Casual Area : ¥5,000 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

エリーシャ・ラヴァーン / Elisha La'Verne(Vocals)
ケイレブ・ジェームス / Kaleb James(Keyboards/Back Ground Vocals/MD)
オリビア・バーレル / Olivia Burrell(Back Ground Vocals)
ゲイリー・スコット / Gary Scott(Saxophone/Back Ground Vocals)
マサ 小浜 / Masa Kohama(Guitar)
キース・ウィリアムソン / Keith Williamson(Bass)
高田 真 / Shin Takada(Drums)

後援

  • MTV

Profile

【エリーシャ・ラヴァーン/Elisha La'Verne】
●バルバドス人の母とドミニカ人の父を持ち英国ブリクストンで育つ。西インド系の黒人が多くを占める黒人コミュニティーでは、雑多な黒人音楽があふれる環境で、幼い頃から無意識のうちにソウル/R&Bに親しんでいた。彼女自身で作曲し、歌い始めるとその才能は業界関係者の目にとまり、その中にマキシ・プリーストがいた。●94年、23歳の時<I Like What You Do To Me>を”DUGOUT”レーベルからリリース。●96年10月『ハー・ネイム・イズ』でアルバム・デビュー。●98年5月、2ndアルバム『エリーシャ・ラヴァーン』が各国で大ブレイク。現代R&Bを代表する女性ヴォーカリストの地位を固めた。●UKを代表するアーティストでありながらUSテイストにこだわり、日本からその音楽を発信するというスタイルで、グローバルに活動。●00年3月にリリースした最新アルバム『チェンジ・ユア・ウェイ』もそんな活躍ぶりを象徴するかのような豪華プロデューサー陣(デビュー・アルバムも手掛けたT.クラ、MASH等で彼女と交流のあったマーティン・ラッセルズ&鷺巣詩郎、USシーンにおける日本人プロデューサーの先駆け的存在=タカことツヨシ・タカヤナギ&スピーティ、元アズ・イェットのマーク・ネルソン等々)により、LA、ミネアポリス、ロンドンでレコーディングされた。アコースティック・ギター一本をバックに歌い上げる「ユー・ア―・ザ・ワン」に始まり、オーケストラとの共演や、タミー・ルーカスのカヴァー「イズ・イット・グッド・トゥ・ユー」までフォーキー・フレイヴァーを加え、ますますシンガーとしての幅を広げた。●01年2月、2枚組からなる『グレイテスト・ヒッツ&リミキシーズ』をリリース。デビュー以来のヒット曲集とマニア垂涎のリミックス集に仕上がった。また最近では白人女性R&Bシンガー、JoJo(ジョジョ)のプロデュースにも活躍の場を広げている。●2002年3月には彼女自身が始めてトータルプロデュースを手掛けたアルバム『センシュアス』をリリース。自ら発掘した新進気鋭のプロデューサー達とのコラボレイションから紡ぎ出された作品はいま最も熱いオーガニックR&B。●10年12月には、エリーシャのベスト盤となる、『All Time Best』をリリース。●そして最新作は実に9年ぶりとなるニューアルバム『361 Degrees』。

New Release

『361 Degrees』
エリーシャ・ラヴァーン
『361 Degrees』
Star Base Music/P-Vine Records
STBC013

Link

オフィシャルサイト
エリーシャ・ラヴァーン

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
安全地帯IN甲子園球場 さよならゲーム
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木