TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2012/1/27(金) - 1/28(土)

デヴィッド・T・ウォーカー

Soul / Guitar

デヴィッド・T.ウォーカー

David T. Walker

Billboard Live OSAKA
2012.1.30

For All Time
Eleanor Rigby
Going Up
Global Mindfulness
Look Of Love
What's Going On
If You Want Me To Stay
You'll Never Find Another Love like Me
Love's Theme
Ahimsa
Never Can Say Goodbye
Lovin' You
With A Little Help From My Friends

-Encore-
Soul Food Cafe


モータウン黄金期のサウンド、そしてソウル・ポップスの数々の名セッションを支えてきた世界一ソウルフルなギタリストが奏でる極上のメロウネスに酔いしれる1月の夜がやってくる!

Open / Start

1/27(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

1/28(Sat)1st Stage Open 17:00 Start 18:00 / 2nd Stage Open 20:00 Start 21:00

Price

Service Area : ¥8,500 (3)  / Casual Area : ¥6,500 (2) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました  /  ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

デヴィッド T.ウォーカー / David T. Walker(Guitar)
クラレンス・マクドナルド / Clarence McDonald(Piano/Keyboards)
バイロン・ミラー / Byron Miller(Bass)
レオン・ンドゥグ・チャンクラー / Leon "Ndugu" Chancler(Drums)

後援

  • MUSIC AIR

Profile

【デヴィッド T.ウォーカー/David T. Walker】
●41年、オクラホマ生まれ(幼少時にL.A.へ移住)。●60年代初期からニューヨークでコースターズやドリフターズ、エタ・ジェイムス等のバッキングを担当、自身もキンフォークスというグループを率いる。グループはそのうちモータウンと契約し、その流れでウォーカーはファンク・ブラザーズの一員となり、レコーディング・ギタリストとしての頭角を現していく。●60年代後半にはMCA傘下のR&Bレーベル、レヴューから初のソロ・アルバム『The Sidewalk』を発表。ウォーカーはこの頃L.A.に戻り、同場所に拠点を移しつつあったモータウンのセッション仕事に引き続き参加。●やがてウィルトン・フェルダー (b)、エド・グリーン (ds)、ジョー・サンプル (key)らと並んでウォーカーの名前は、70年代中盤のL.A.録音のセットリストに欠かせない名前となった。以後もフュージョン、ソウルのシーンを中心に世界的に活躍。その絶妙なテクニックとソウル/ブルース・フィーリングは「ゴールドフィンガー」とも呼ばれ、現代においても高い評価・支持を受けてている。●2008年13年ぶりにリリースされたアルバム『Thoughts』が、「アドリブ・アワード2008 海外ジャズ/フュージョン賞」を受賞。●2009年11月には冬の定番ソングをカヴァーしたアルバム『Wear My Love』をリリース。●そして最新作は2010年12月1日リリース予定の『FOR ALL TIME』

Link

オフィシャルサイト
デヴィッド・T.ウォーカー

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木
11th THANK YOU