TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram

Live Scheduleライブスケジュール

2014/2/24(月) - 2/28(金)

FUSION

ラリー・カールトン&デヴィッド・T.ウォーカー

Larry Carlton&David T. Walker

ギター界の頂点に君臨するラリー・カールトンとデヴィッド・T.ウォーカーの、夢の競演がビルボードライブで実現!2013年、それぞれのバンドを率いてステージに立っていたフュージョン・シーンのスペシャリストたちが、2014年ついにビルボードライブのステージで相まみえることとなった。マリーナ・ショウの名盤『Who Is This Bitch Anyway』での絶妙なギター・アンサンブルはいまなお語り継がれ、今日までの二人の活動、功績はフュージョン、ブルース、ジャズ、ポップなど様々なジャンルに多大なる影響を与えている。この二人が再び同じステージに立つとき、果たしてどんなプレイが繰り出されるのか。すべての音楽ファン必聴必見の歴史的なステージ!



【Set List】2014/2/24 1st@Billboard Live TOKYO

Night Crawler
March of the Jazz Angels
Soul Food Café
A Place For Skipper
10 P.M.
Global Mindfulness
Feel Like Makin' Love
For Love Alone

The Well's Gone Dry

Open / Start

2/24(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

2/25(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

2/26(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

2/27(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

2/28(Fri)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

Price

Service Area : ¥10,500 (4)  / Casual Area : ¥8,500 (3) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました  /  ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ラリー・カールトン / Larry Carlton(Guitar)
デヴィッド・T・ウォーカー / David T. Walker(Guitar)
トラヴィス・カールトン / Travis Carlton(Bass)
デマルコ・ジョンソン / De Marco Johnson(Keyboards)
ポーリー・セッラ / Paulie Cerra(Saxophone, Background Vocals)
ジーン・コイ / Gene Coye(Drums)

VIP

  • VIP

特集

  • 特集

協力

  • 協力

キャンペーン

  • キャンペーン

後援

  • J-WAVE

New Release

『夜の彷徨(さまよい)』
ラリー・カールトン
『夜の彷徨(さまよい)』
ワーナーミュージック・ジャパン
2012/09/19 Release

ラリー・カールトンのワン&オンリーなギター・プレイを世に知らしめ、当時のギター・キッズに多大な影響を与えた、1978年発表の傑作アルバム。名曲「ルーム335」他を収録。
『FOR ALL TIME』
デヴィッド・T.ウォーカー
『FOR ALL TIME』
ディーシーティーレコーズ
2010/12/08 Release

スティーヴィー・ワンダーの『Innervisions』を始め、マービン・ゲイ、ジャクソン5、ダイアナ・ロス。など数多くのアーティストの作品に参加しているDavid T.Walker。13年振りのソロアルバム『Thoughts』、本人初のウィンターソング・アルバム『Wear My Love』に続く、DCT RECORDSからのソロアルバム第3弾は、マリーナ・ショウがゲストヴォーカリストとして参加。『FOR ALL TIME(=いつまでも)』というタイトル通り、歴史に残る名盤になること間違いなしの一枚。

Link

オフィシャルサイト
ラリー・カールトン

オフィシャルサイト
デヴィッド・T.ウォーカー

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFO & RESERVATION03-3405-1133
INFO & RESERVATION03-3405-1133
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木