TOKYO

Billboard Live TOKYO
@Midtown,Roppongi,Tokyo

  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • LINE
  • iTunes
  • instagram
  • tiktok

Live Scheduleライブスケジュール

2009/11/5(木)

WINTERPLAY

Jazz / Pops

ウィンタープレイ

WINTERPLAY

11/5(thu)
Billboard Live TOKYO

【1st.set】
Hot Sauce
Quando,Quando,Quando
Cannot Forget
Serivora
Melon Man
Moon Over Bourbon Street
I Need To Be in Love
Winter Blues
I Feel Good
Nothing Ever Hurt Like You
Billie Jean
Men Are No Good
Songs of Colored Love
Gypsy Girl

韓国発!“メロディアス&キャッチー”なジャジー・ポップ・グループ、ウィンタープレイがビルボードライブに登場!クール・ビューティーなルックスと甘く透き通る歌声が魅力のヴォーカル、ヘウォンと、プロデューサー/ソングライターでもあるトランペット奏者ジュハン・リーを中心とするユニット。インディーズ・デビュー・アルバム『CHOCO SNOWBALL』が、韓国ジャズ・チャートにて初登場1位を記録し、一躍注目を集める。7月には世界に先駆けて、日本にてメジャーデビューアルバム『Songs Of Colored Love』をリリース。EGO-WRAPPIN'のカヴァー「Songs of Colored Love ~色彩のブルース~」をはじめ、独自のお洒落な世界を築き上げている。類いまれなる才能と、ジャンルを超えて活動の幅を広げる彼らの最新ジャジー・ポップを楽しむワンナイト!

Open / Start

11/5(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 19:00 / 2nd Stage Open 20:45 Start 21:30

Price

Service Area : ¥5,500 (2)  / Casual Area : ¥3,500 (1) 

※カッコ内の数字は法人チケット枚数

Ticket Information

BBL会員・法人会員: 受付は終了しました
ゲストメンバー: 受付は終了しました

Member

ヘウォン / Haewon (Vocal)
ジュハン・リー / Juhan Lee(Trumpet)
ウジュン / Saza-Woojoon Choi(Guitar)
ウンギュ / Eunkyu So(Bass)
ジョンギュン / Jeongkyun Kim(Percussion)
ドホン / Doheon(Drums)

Profile

【WINTERPLAY/ウィンタープレイ】
●韓国でいま最も注目されているレーベル、フラクサス・ミュージック内のアコースティック専門レーベル“インタープレイ”所属。●元々ソロのジャズ・ミュージシャンとして活動をしていたヴォーカルのへウォンと、トランペット奏者兼コンポーザー、バンドのサウンド・クリエイティングの要でもある、ジュハン・リーによるジャジー・ポップ・グループ。●07年11月結成。ジュハン・リー曰く、「曲はあくまでも長過ぎず、メロディの中にジャズという要素が垣間見え、ドラムなしでも十分に感性とパッションを刺激する…そんな一般リスナーも楽しめるジャズを作りたかったんだ」。●08年1月に韓国で発売したインディーズ・デビュー・アルバム『CHOCO SNOWBALL』は、『Hanteo』(韓国におけるオリコン)ジャズ・チャートにて初登場1位を記録!韓国の音楽メディアは「かつてジャズが大衆音楽として受け入れられていた古き良き時代を再びこの現代に蘇らせた!」と大絶賛。日本デビュー後にはヨーロッパ発売も予定されており、ウィンタープレイが世界中のリスナーを魅了する日はきっと近い・・・。

*フラクサス・ミュージック:韓国におけるエレクトロ・ミュージックの歴史を築き、第一線をいくクラジクワイ・プロジェクトを誕生させるなど、常に新しい旋風を巻き起こし、韓国のミュージックシーンを牽引しているレーベル。

【Haewon/ヘウォン(Vocal)】
●全州出身。14歳の頃からヴォーカリストになることを夢見る。●ソウルの叔母の元で暮らしながらダンス・グループのオーディションに備えていた。その後、合格はしたものの、自分の進む道ではないことに気づき、一人暮らしを始める。辛い時期だったが、一つのことに没頭する希望と自由に満ちた良い時間だった、と彼女はこの経験を振り返る。●檀国大学に入学、ジャズに出逢う。エラ・フィッツジェラルドの「Too Darn Hot」を耳にし、ジャズに魅了される。ジャズに対する予備知識はなくても、スウィング・フィーリングを英語詞に載せてさらっと歌いこなしてしまうセンスに周囲が驚く。そんな彼女の才能を見出したジュハン・リーが、ヘウォンにウィンタープレイのメンバーになることを勧め、一員に加わる。彼女の声はビリー・ホリデイやエタ・ジョーンズを彷彿とさせるものがあり、バンドのヴォーカル・パートを見事に彩っている。また、ジャズのみならず、エレクトロニカやポップス、ソウルなど、様々なジャンルをも自然体で歌いこなす“七変化”なヴォーカル・ワークも魅力の一つである。●08年、フラクサス・ミュージックと専属契約。

【Juhan Lee/ジュハン・リー(Trumpet)】
●1965年ソウル出身。外交官だった父に連れられ幼少期から世界各国を旅する中で、イランの小学校のスクールバンドで初めてトランペットを手にする。その後13歳までラテン・ファンク・バンドで活躍。●ワシントン大学・機械工学科に進み卒業するものの、トランペットを諦め切れず、自らの意思を貫き4枚のソロ・アルバムを発表する。その実力は高く評価され、数多くの韓国アーティストのアルバムや映画音楽にも参加。韓国の若手ジャズ・ミュージシャン、ならびにジャズ・シーンの育成にも情熱を持って取り組む。●ジャズ・ミュージシャン結束の為に、98年JAAK(韓国ジャズミュージシャン集団)を発足し、活発な活動を継続。●02年発売のアルバム『Miles Song Book』以降は、プロデューサーとして、また自身のバンドでのパフォーマーとして、双方を掛け持ち多忙な日々を送る。●07年、クラブや放送関係で活躍中の7名のメンバーに呼びかけ、“Soul Volume”というソウル・ポップ・バンドを結成。彼の最新プロジェクトであるウィンタープレイは、2007年11月に誕生。●08年より、フラクサス・ミュージックの専属アーティストとして活動中。

New Release

『ソングス・オブ・カラード・ラヴ』
ウィンタープレイ
『ソングス・オブ・カラード・ラヴ』
ユニバーサルミュージック
2009.7.22

Link

オフィシャルサイト
ウィンタープレイ

Billboard Live TOKYO
Billboard Live TOKYO 東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
INFORMATION03-3405-1133
INFORMATION03-3405-1133
billboardを呼んできたサラリーマン
ギフトカード
オンラインショップ
dwangoビルボード公式ダウンロード専用サイト
Soul Bird Music School
私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します
レム六本木
Music Cross Aid